作詞家として活躍する一方、漫画の原作や脚本、さらには小説家などさまざまな分野で精力的に活動する小池一夫(@koikekazuo)さん。

2017年9月5日にツイートしたテーマは『抱かれたくない男ランキング』でした。

出版社で調査された『抱かれたくない男ランキング』は、上位に常連のタレントがいることもあり、一定の話題となっています。

しかし、『抱かれたくない男ランキング』には問題があるとして、小池さんは語りました。

『抱かれたくない男ランキング』があるなら、『抱きたくない女ランキング』があったら、どうなのだろうか。

女がダメなら、男もダメ。

子どもが教室に、『嫌いな男子ランキング』や『嫌いな女子ランキング』を貼りだしていたら、大問題になりそうです。

男と女、大人と子どもなど、反対側にいる人の目線に立って見てみると、問題が浮き彫りとなってきます。

しかし、小池さんの言葉に、こんな反対意見がありました。

ハクが付いて、仕事が増えるでしょ?

反対意見に対しての、小池さんの答えは次の通り。

不名誉な称号に、心が傷付かないわけがない。

「オイシイ」というのは、そう変換するしかないからだ。

小池さんの意見に、多くのコメントが寄せられました。

シャレのつもりかもしれないけど、見ているほうは不快。こういうイベントは、もう止めてほしい。勝手にランキングなんて、女は何様のつもりだよ。よくぞ代弁してくれた!人にパートナーを選ぶ権利はある。けれど、優劣は別物。不名誉なランキングは決して面白いものではありません。

小池さんの意見に「代弁してくれた」という声があるのは、『人を傷つけるものはいらない』という時代の流れを反映しているのでしょう。

こういったランキングは、そのありかたが問われているのかもしれません。

[文・構成/grape編集部]