「ありがとう オリゴ糖」などの、ラップ調のネタで大ブレイクした、お笑いコンビ『ジョイマン』。

そんな『ジョイマン』のボケ担当、高木晋哉さんのTwitterが、「文学的だ」と話題です。

情感たっぷりの言葉

ある日、高木さんは先輩のムーディー勝山さんと食事に行きます。

2007年ごろにブームとなった勝山さんは、「右から来たものを左へ受け流すの歌」で人気になりました。

しかし、現在ではメディアへの露出が減っている様子…。

少し寂しさがただよう中、勝山さんがふと見せた心遣いを高木さんはこう表現しました。

ソバに乗せられたエビは、全盛期に通っていた店のものと比べて、立派ではないかもしれません。でも、勝山さんの思いが詰まったものでした。

勝山さんの行動に、心が震えた高木さん。その時の心情が、読むほうにも、手に取るように伝わる文章です。

また、高木さんは、ブームが去ったあと、イベントに出演して感じたことをつづります。

耳に反響する、悲しい言葉。

それでも、高木さんは前を向いて、歩いていきます。

高木さんの手にかかれば、「人気のパンケーキ食べたよ!おいしかった」も、この通り。

何これ、切ない

「幸せは柔らかいので、きつく抱きしめれば壊れてしまう」ということをパンケーキで表現しています。

幸せは丁寧に扱うもので、「ずっと幸せでいよう」と強くすがるようなことをしてはいけないのでしょう。

高木さんのツイッターには、心に染みる言葉がたくさん並んでいます。

感動した人からは、こんなコメントが寄せられていました。

文章のセンスがやばい好き。がんばれ『ジョイマン』、あんなに、くだらな面白いんだから!『ジョイマン』は、俺の心から消えることはないよ。応援してる。文学的でハートフルなお話ありがとう、オリゴ糖!

高木さんは、詩集『ななな』を出版しています。

Twitterを覗いて、高木さんの感性にホレた人は、チェックしてみてはいかがでしょうか。

晩聲社 高木晋哉 著 『ななな』

[文・構成/grape編集部]