レアル・マドリーの“絶対君主”ペレス「メッシ獲得は不可能」

写真拡大

▽レアル・マドリーに数々のスター選手を搔き集めるなど、長年“絶対君主”に君臨するフロレンティーノ・ペレス会長。しかし、同会長にも不可能なミッションが存在するようだ。

▽過去にMFデイビッド・ベッカムやFWクリスティアーノ・ロナウドなど錚々たる面々を資金力で引き抜き続けてきたペレス会長だが、今夏は静観。才能秘めた若手を中心にチーム編成に動いた。

▽スペインラジオ局『カデナ・セール』のインタビューに応じたペレス会長は、宿敵バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ強奪の可能性について、次のように言及した。

「リオネル・メッシ? レアル・マドリーの会長に初めて就任した当時のサッカー界に彼がいたら、動いていただろう。あの時代のレアル・マドリーは、今のメッシのようなトッププレーヤーを探し求めていた。だが、バルセロナから今のメッシは引き抜けない。全くもって不可能だ。彼とバルセロナの関係性はとても強くて固い」