スーパースターたちによる共演がいよいよ幕を開ける。 (C) Getty Images

写真拡大 (全3枚)

 現地時間8月24日、2017-18シーズンのチャンピオンズ・リーグ(CL)・グループステージの組み合せ抽選会がモナコで行なわれた。
 
 決勝トーナメント進出を懸けた32チームによる戦いは、熾烈を極め、時に誰も予想し得ない決着を見ることがある。はたして、今シーズンはどのような展開が繰り広げられるのだろうか?
 
 今回のグループステージにおいて、もっとも激戦となりそうなグループはHだろう。CL史上初の大会3連覇を目指す王者R・マドリーを筆頭に、名うての名手が揃うドルトムント、さらに昨シーズンのプレミアリーグで2位となり成熟度の増しているトッテナムが顔を並べたのだ。
 
 とはいえ、エル・ブランコ(白い巨人の意で、R・マドリーの愛称)に隙は無さそうだ。史上初のCL連覇を成し遂げたメンバーの大半が残り、さらに今夏の移籍市場ではテオ・エルナンデスやダニ・セバジョスといった若手有望株を加えて、チームの層はさらに厚みを増している。
 
 そんな王者に対抗するのは、今シーズンから指揮を執るオランダ人監督のペテル・ボシュの下で、攻撃的なサッカーを志向するドルトムントだ。
 
 ウスマンヌ・デンベレをバルサに引き抜かれはしたものの、ピエール=エメリク・オーバメヤン、マリオ・ゲッツェなど攻撃の手駒は豊富に揃っている。さらに日本代表MFの香川真司のコンディションが万全で、なおかつ負傷離脱中のマルコ・ロイスが早期復帰を果たせば、R・マドリーの牙城を崩しうる存在になるはずだ。
 
 アルゼンチン人監督のマウリシオ・ポチェティーノが指揮し、着実にチーム力を上げているトッテナムも見逃せない。プレミアリーグで3シーズン連続20ゴールをマークした主砲ハリー・ケインを筆頭に、クリスティアン・エリクセンやヤン・ヴェルトンゲン、ユーゴ・ロリスなど攻守に実力派が並んでいる。
 
 しかし、不安もある。昨シーズンのヨーロッパリーグで出場停止処分を受けたデル・アリが、CLグループステージの3試合を欠場することが決まっているのだ。攻撃の根幹を担うヤングスター不在の影響の度合いによっては、序盤戦で躓く可能性がある。
 
 さらに2011-12シーズンのCLでベスト8に進出するという望外の躍進を見せた過去があるキプロスのAPOELも、ダークホースとして要注目だ。


 今大会のグループステージでは、メガクラブ同士のビッグカードも実現する。とくにバイエルン対パリSG(グループB)は一見の価値がある試合だろう。
 
 名伯楽カルロ・アンチェロッティの下でブンデスリーガ5連覇中のドイツの絶対王者バイエルンに挑むパリSGは、CL制覇を至上命題に掲げ、今夏の移籍市場でネイマールを史上最高額の2億2200万ユーロ(約284億円)でバルセロナから獲得。これまで以上に欧州制覇への気運を高めている。
 
 ハメス・ロドリゲスやフランク・リベリ、アンヘル・ディ・マリアやエディソン・カバーニなど、ともに世界有数の豪華絢爛な攻撃的タレントを揃えるクラブ同士だけに、オープンな試合展開になることも予想でき、その対戦には今から興味が尽きない。
 
 さらに、ユベントスとバルセロナの対決も注目必至だ。昨シーズンのCLベスト8では、一撃必殺のカウンターと高度な守備でバルセロナの攻撃を巧みに封殺したユーベが、2戦合計3-0で次ラウンドに駒を進めた。
 
 雪辱を期するバルセロナは、ネイマールを引き抜かれたことによる、チームパフォーマンスへの影響の度合いがどれほどのものなのかが重要になりそうだ。
 
 現地時間8月25日にドルトムントからデンベレを獲得したが、この俊英アタッカーが、ネイマールの穴を埋めうる存在にならなければ、今シーズンのバルセロナはリオネル・メッシ頼みのサッカーにもなりかねない。
 
 一方のユベントスに穴は見当たらない。主力DFのレオナルド・ボヌッチとダニ・アウベスこそ退団したものの、ジャンルイジ・ブッフォンとジョルジョ・キエッリーニ、パウロ・ディバラらによる陣容は盤石だ。攻撃陣に関していえば、フェデリコ・ベルナルデスキとドグラス・コスタを両翼に加え、厚みが増している印象もある。
 
 MSN(メッシ、ルイス・スアレス、ネイマールの3トップ)の解体など、過渡期を迎えたともいえるバルセロナは、全盛期を謳歌するユベントスにいかに立ち向かうのか? グループステージとはいえ、極上の戦いが見られそうだ。
 
 そのほかに注目ポイントを挙げるとすれば、CL史上では最多となる5クラブが参戦するイングランド勢も要チェックだ。前述のトッテナムを含め、チェルシー、マンチェスター・C、リバプール、マンチェスター・Uは、A・マドリー、ナポリ、セビージャ、ベンフィカといった侮れない敵と相対する。
 
 2006-07シーズンにはベスト4に3チームが入り込むなど、その存在感を誇示していたイングランド勢だが、過去5シーズンでベスト4に入ったチームがわずか2チームだけと、停滞傾向にある。
 
 豊富な資金力を背景に、他リーグを凌ぐ勢いでスーパースターや名将たちを引き抜いてきた近年のプレミアリーグ勢。その補強をより正当化する意味でも、彼らは欧州での成功を誓っているはずだ。それだけに、その戦いぶりには大いに注目したいところだ。



■歴史に残る大逆転やスーパーゴールが蘇る
 「UCL名勝負クラシック」も毎月放送中!
 https://soccer.skyperfectv.co.jp/ucl/meishobu_classic/
 
【お問い合わせ、加入申し込み】