右足首骨折のアザール、レスター・シティ戦で今季プレミア初出場へ…コンテが示唆

写真拡大

▽チェルシーに所属するベルギー代表MFエデン・アザールのプレミアリーグ復帰戦は、9日に行われる第4節のレスター・シティ戦になりそうだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。

▽6月にベルギー代表の練習中に右足首を骨折したアザール。当初は復帰まで3カ月かかる見込みだったが、予定より少し回復が早まり、U-23チームとして25日に行われたU-23エバートン戦で実戦復帰を果たしていた。

▽また、アザールはベルギー代表として8月31日に行われたロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選グループH第7節のジブラルタル代表戦(9-0でベルギーが勝利)に77分間出場し、1ゴール1アシストを記録。9月3日に行われたギリシャ代表戦(2-1でベルギーの勝利)では、74分からプレーしてベルギーの2大会連続13度目のW杯出場を決めている。

▽そうした中、チェルシーのアントニオ・コンテ監督は、アザールのレスター戦での出場を示唆。ただ、出場時間については制限しなくてはいけないと主軸の復帰に慎重な姿勢を見せている。

「アザールは出場可能だ。明日の試合のためにチームに参加しており、とても良くなっている。復帰に向けてとても一生懸命トレーニングをしている」

「私は今、彼をメンバーの中にカウントしている。ただ、彼に与えるプレー時間は決めなくてはいけないね」