20〜30代の独身女性の彼氏がいない確率が50%を超える今。いつの間にやら少数派になった彼氏持ちの女性の中には、彼氏はいるもののセカンドポジションのまま、いつまでたってもファースト(本命)になれない女性たちがいる。彼女たちが本命になれない原因は何なのでしょうか……。彼女たちの過去の恋愛から、その原因を探っていきます。

☆☆☆

今回お話を伺ったのは、都内の美容院で働いている日浦碧さん(仮名・33歳)。刈り上げたマッシュルームヘアに、パステルカラーのTシャツと黒のセットアップをうまく着こなしています。大きなネックレスやピアス、総柄のカバンなど、やや個性的に見える服装は、「元々はもっと派手な格好が好きなんです。でも年齢も年齢なんでね」とのこと。男性受けはあまりしそうにない印象ですが、意思の強そうな感じは彼氏の浮気さえも黙っていなさそうに見えます。そんな彼女のセカンド気質はどこにあるのか――。生い立ちや、学生時代の恋愛から話を伺っていきます。

「出身は千葉県で、両親と3歳上の兄との4人家族です。父親は大工で、母親は不動産関係の職場で正社員として働いています。家は特に厳しいこともなかったです。今でこそ父親とも話をするんですが、小さい頃はあまり会話をした記憶はありませんね。寡黙といっても、周りがうるさいと怒るという感じではなく、ただしゃべらないだけでした。子供が寝てからは夫婦の会話はよく聞こえてきたので、母親とは仲良しでしたよ。兄と父の関係は私と一緒だったと思います。大人になってから、父が一度病気で入院したんです。その頃から、家族の会話は増えた気がしますね。今は本当に穏やかな人になりました」

初めて彼氏ができたのはいつですか?

「中学2年生の時です。相手は1歳上の同じ学校の先輩でした。私の地元は千葉の田舎のほうで、そんなに娯楽がなかったので、みんな恋愛は早かったんです。私も委員会で顔見知り程度だった先輩に告白されて、そこまで彼のことをよくも知らないのに付き合うということがしたくてOKしました。でも、やっぱり好きじゃないから、時間を作って会う行為が面倒くさくなってくるんですよね。彼は3年で塾に通っていたので、会うためには塾が終わる時間に合わせて会いにいかなければいけなかった。1度家に帰ってから、再度出かけるのがどんどん億劫になっていきました。彼はそんなに会話が面白いタイプでもなかったので、会っても楽しくなかったし……。彼の受験が終わったタイミングでお別れしました。気まずさからハッキリ振ることができなくて、付き合うことより別れることのほうがパワーを使うんだなと、この時学習しましたね」

高校時代も好きな人ができずに、元彼がストーカーに……!

高校時代も告白された彼と付き合ったものの、やはり最後まで気持ちはついていかなかったといいます。

「高校では、ちゃんと好きになった人と付き合おうと思っていました。2年の時、クラスメイトの男の子に告白されたんですが、私にとってはタダのクラスメイトだったので断りました。しかし、彼は半年後くらいにまた告白してきたんです。その時には、『以前、好きになれるかもという人と付き合って、結局好きになれなかったこと』を話しました。彼は結果好きになれなかったら振ってくれていいので、一度試してほしいと言ってきました。彼は嫌いなタイプではなかったので、付き合うことにしたんです。純粋にそこまで思ってくれていることが嬉しかったんです。

彼とは卒業まで付き合って、学校では公認カップルのようになっていたんですが、結局好きになることはなく、卒業を機にお別れしました。別れることに彼はなかなか納得してくれなくて、バイト先で待ち伏せされたり、家の前で待っていたりとストーカーみたいな行為もされました。でも彼は大学が始まってからは忙しくなったのか、まったく来なくなり、そのままフェードアウトしましたね」

碧さんは美容の専門学校に進学。そこで、ある男性と出会います。

「学校の実習では、ペアを作ってブローをし合ったりすることもあるんですが、男女ペアの時があって、一緒に実習を受けたのが彼でした。彼は見た目こそゴツゴツしたピアスにネックレスと派手だったんですが、根は真面目で真剣に授業に取り組むところが好感を持てましたね。

どんどん仲良くなって、一緒に過ごしている中で、彼には地元に彼女がいることがわかったんです。その時、すごくイライラしている自分に気づきました……。彼の恋の相談にのっているフリをしながら、心の中でずっと別れろと思っていましたね……。

そして、彼に彼女がいるのを知っているのに、『好き』だと告白しました。『付き合って』とは言っていないので、彼は『ありがとう』というのみでした。彼に私のことを意識してほしかったんです。その後彼とは正式に付き合えることになるんですが、私と彼はどうやら似ているタイプで、押しに弱かったみたいで……」

同じ志を持った彼に惹かれていく中、彼に彼女がいることが発覚!せっかく好きになれた人を諦めたくない一心で、碧さんは彼にアピールをし続けますが……。

彼を奪いたい一心で学校では常に一緒。押しに押して彼は彼女と別れてくれたものの、新しい出会いが合った時に彼は……。同棲から同居へ。〜その2〜に続きます。