ここまで途中出場が続いている香川真司【写真:Getty Images】

写真拡大 (全2枚)

 ボルシア・ドルトムントは9日、ブンデスリーガ第3節でフライブルクと対戦する。肩の負傷で出遅れているものの、少しずつ出番を増やしている香川真司には、どれほどの時間が与えられるだろうか。(取材・文:本田千尋)

-----------

的確補強で準備万端

 体制が整いつつある。8月29日、ボルシア・ドルトムントはアンドリー・ヤルモレンコの獲得を発表。“騒動”の末にFCバルセロナへ移籍したウスマヌ・デンベレの代わりに、ディナモ・キエフのFWを手中に収めた。東欧の名門で9年に渡ってプレーした27歳のウクライナ代表は、チャンピオンズリーグでも24試合出場4ゴール5アシストの数字を残している。

 また、手薄だった左SBのポジションでは、ジェレミー・トリアンを獲得。ホッフェンハイムからやって来た新参者は、年代別のドイツ代表に選出されてきた。昨年のリオ五輪では銀メダルの獲得に、今夏のU-21欧州選手権では優勝に貢献している。

 国際舞台で実績のある両選手の獲得は、これから始まる21日で7試合の過密日程を乗り切るために、理に適った補強と言えるだろう。代表ウィークも明け、9月9日のブンデスリーガ第3節フライブルク戦を皮切りに、ドルトムントは21日で7試合をこなさなければならない。チャンピオンズリーグ(CL)では難敵トッテナム、昨季王者レアル・マドリードが待ち受けている。

 8月26日に行われたヘルタ・ベルリン戦の試合後、2-0で快勝したにもかかわらず、香川真司は気を引き締めた。

「CLも、グループリーグを見たらわかるけど、本当にタフなゲームがあるので、試される時だと思うし。もし負けた時の反応であったり、それは監督含めて、チームとして試されるところは十分あると思うので、それは一つ一つ乗り越えていかないといけないので、これからですね、本当に」

 ペーター・ボス新体制は、リーグ戦で2連勝の好スタートを切った。両試合とも90分を通して集中を切らさず、攻守の切り替えを徹底し、内容も伴っている。しかし、シーズンは始まったばかり。見方を変えれば、まだ2勝したに過ぎない。順調に船出の時を迎えたものの、「これから」先の長い航海の中、荒波を「一つ一つ乗り越えていかないといけない」のだ。

 そのために、まずフライブルクとのアウェイゲームをきっちりものにする必要があるだろう。7日の会見でボス監督は「良い選手たちとしっかりとしたシステムを持ち、またカウンターの場面では危険な可能性を秘めている」と警戒した。それでも相手がまだ白星を掴めず15位に位置していることを考えれば、やはり勝って然るべき試合だろう。タフなスケジュールを前に、ここでつまずくわけにはいかないのだ。

段階を踏みながら調子を上げる香川

 代表ウィーク中に香川は、日本代表に合流したが、31日のオーストラリア戦ではベンチ入りしたものの、出場しなかった。左肩が完治していないと判断され、チームを離脱。サウジアラビアには向かわずにドイツへ戻ってきている。その後、大きくコディションを崩したところはないようだ。

 しかし、先のヘルタ戦の後で香川が話すには、「30分出たら次は60分」といったように、背番号23の起用について、ボス監督としては「ステップを踏みたい」のだという。

「段階があるっていうのは言われていますし、いきなりスタメンっていうよりは、監督としては、どんどん段階を踏んでからっていう、プランがあるみたいなので、それは尊重しながら」

 新任のオランダ人指揮官は、選手を戦術上の駒と割り切らず、個人として尊重するところがある。バルサに移籍する前、デンベレが練習に姿を現さず行方をくらました際には、フランス人ウインガーを咎めずに身を案じた。またフライブルク戦に向けた会見では、競争の中で「選手の誰もがプレーしたいのは分かっている」とも述べている。

 こうした選手を大事にしようとするボス監督の傾向を踏まえれば、フライブルク戦でも香川はベンチスタートではないだろうか。「いきなりスタメン」ではなく、試合展開など様子を見ながら、途中出場となるのだろう。

 温厚な指揮官に出番が与えられれば、新戦力を獲得して体制が整いつつあるチームの中へ、「どんどん」融合していきたいところだ。

(取材・文:本田千尋)

text by 本田千尋