投票でベストレビュアーが決定! 読書メーター×ダ・ヴィンチ「レビュアー大賞」の審査投票開始

写真拡大

 2017年9月9日(土)、日本最大級の書評サイト「読書メーター」と、本とコミックの情報誌『ダ・ヴィンチ』が連動し、ベストレビュアーを決定する「レビュアー大賞」の本選投票が開始された。

 同企画は、課題図書8作品のレビューを募集し、予選・本選を経て各作品ごとにベストレビュアーを1名ずつ決定。さらにその中から“ベスト・オブ・ベストレビュアー”を選出するといったもの。ベスト・オブ・ベストレビュアーに選ばれると、なんとおすすめする文庫1冊が全国書店に展開される。

 課題図書のラインナップは、実写映画が大ヒットを記録している『君の膵臓をたべたい』や、斎藤工・向井理主演でドラマ化された『アキラとあきら』など、注目作品ばかり。現在、優秀レビュアーに選出された各作品3名ずつのレビューは、特設ページで見ることができる。

 課題図書を読んだ人も、まだ読んでいないという人も、優秀レビュアーの素晴らしいレビューを読み「これは!」と思うレビューに投票してみよう。
⇒「レビュアー大賞」特設ページ

【課題図書作品ラインナップ】
・双葉社 『君の膵臓をたべたい』住野よる
・中央公論新社 『化学探偵 Mr.キュリー 抓鄲心邉
・スターツ出版 『神様の願いごと』沖田円
・徳間書店 『アキラとあきら』池井戸潤
・ハーパーコリンズ・ジャパン『レッド・クイーン』 ヴィクトリア・エイヴヤード (著)田内志文 (翻訳)
・KADOKAWA 『レヴォリューションNo.3』金城一紀
・KADOKAWA(メディアワークス文庫)『君は月夜に光り輝く』佐野徹夜
・光文社『絶叫』葉真中 顕

【「レビュアー大賞」選考スケジュール】
■本選投票&集計:9月9日(土)〜9月24日(月)
本選レビューに対して、「読書メーター」上で投票を行い、投票結果に基づき各作品1名ずつベストレビュアーを決定。
さらにその中からベスト・オブ・ベストレビュアーを1名選出。

■発表:10月1日(予定)
「読書メーター」「ダ・ヴィンチニュース」にて10月1日に発表(予定)。
また、11月6日(土)発売の『ダ・ヴィンチ』12月号誌面にも掲載。

【賞・賞品】
・ベストレビュアー(8名):10,000円分の図書カード、トロフィー
・ベスト・オブ・ベストレビュアー(1名):上記図書カード、トロフィーに加え、おすすめする文庫1冊が全国書店に展開される。
・優秀レビュアー(16名):5,000円分の図書カード

※掲載内容は変更になる場合があります。