(C)2017「関ヶ原」製作委員会

写真拡大

日本の映画市場は「ガラパゴス状態」なのか。週末興収ランキングで、2週連続1位となったのは『関ヶ原』。同じ週には世界中で大ヒットしている『ワンダーウーマン』が、それより大きな規模で公開されていたが、1位は取れなかった。なぜ日本の観客は「洋画」に冷たいのか。ライターの稲田豊史氏が分析する――。

----------

『関ヶ原』

■製作国:日本/配給:東宝、アスミック・エース/公開:2017年8月26日
■2017年9月2日〜9月3日の観客動員数:第1位(興行通信社調べ)

----------

■日本史が苦手な観客への「配慮」

西暦1600年、徳川家康率いる東軍と石田三成を中心とした西軍が現在の岐阜県不破郡で戦った「関ヶ原の戦い」。これを題材とする『関ヶ原』が、2週連続で週末興収ランキングの1位となりました。

出足好調の理由はいくつも考えられます。岡田准一、役所広司、有村架純といったキャストの知名度・人気や、彼らのメディア露出による宣伝が奏功したこと。いつの時代も中高年男性に一定数存在する「時代小説好き」や「大河ドラマ視聴層」を呼び寄せたこと。加えて、ここ数年のトレンドである「武将好き歴女」の存在も、動員の追い風となったかもしれません。

映画を観てみると、日本史があまり得意でない観客への「配慮」に気づきます。登場人物は多く、関ヶ原の決戦に至るまでの各陣営の動きは少々複雑ですが、ナレーションやテロップ(年月日や人物名)をうまく挿入することによって、観客が混乱しないようになっているのです。

ただ、今回論点にしたいのは、『関ヶ原』そのものではなく、女性戦士が主人公のハリウッド映画『ワンダーウーマン』との比較です。同作は『関ヶ原』の1日前、8月25日に日本公開されました。

9月6日現在、『ワンダーウーマン』は全世界興収が8億ドル超、全米興収が4億ドル超(いずれも目下更新中)と、映画史に残るメガヒットを記録しています。「4億ドル超」とは、それまでに公開された“すべての”映画のなかでトップ20に入る成績……と言えば、そのすさまじさが伝わるでしょうか。アメコミを原作としたスーパーヒーロー映画に限れば、全米歴代4位に入る快挙です。

■日本で人気があるのは邦画とアニメばかり

ところが、日本での『ワンダーウーマン』の出足は、8月26日〜27日の初週末で第3位、9月2日〜3日の2週目も第3位と、全米や世界での勢いに比べると寂しいものでした。どちらの週も同時期公開の『関ヶ原』に1位の座を譲っています。なお、両週とも第2位は 、1カ月以上前の7月21日に公開された『怪盗グルーのミニオン大脱走』でした。

しかも『ワンダーウーマン』の初週末の公開規模(596スクリーン)は『関が原』(360スクリーン)の約1.7倍もあります。にもかかわらず、興収は同3億9600万円に対して同2億6700万円と、3分の2程度にとどまってしまいました。

この結果に一部の“良心的な古参映画ファン”たちは、「日本で人気があるのは邦画とアニメばかり。世界にも類を見ないガラパゴス状態だ」と、どちらかと言えばネガティブなため息をつきました。

こうなった理由を端的に言うなら、「ワンダーウーマン? 誰それ?」に尽きるでしょう。

■「映画は年に1、2回」という人に届くかどうか

『ワンダーウーマン』はアメリカで1941年に誕生したコミック作品で、日本の『鉄腕アトム』や『ドラえもん』よりずっと歴史が古いのですが、いかんせん日本ではほとんど知られていません。『スーパーマン』『スパイダーマン』『バットマン』などに比べると、知名度は圧倒的に低いといえるでしょう。

もちろん、知名度の高低と作品の満足度はまったく別物です。が、知名度が低いと作品を評価する土俵にすら立たせてもらえません。「それについて知らない」ことは、人をコンテンツ消費から遠ざけるからです。

多くの人は、まったく知らないものにはカネも時間も使いません。未知のものにカネと時間を使うのは、バイタリティにあふれ、リスクを恐れず、好奇心と挑戦心にあふれた、ごく一部の精神的エリートたちだけ。世の多くを占めるごくごく普通の人は、コンテンツ消費に対してもっとずっと保守的、かつ怠慢です。

「コンテンツ消費に保守的な人」を映画分野で言うなら、「年に1、2回程度しか劇場に行かない人」です。彼らを劇場に来させなければ、手放しの大ヒット――目安として興収40〜50億円――は見込めないでしょう。

■後ろめたさを突いた『応仁の乱』

一方で、「完全に知っている」ものにも、多くの人はカネと時間を使いません。既に知っていることにカネと時間かけるほど、人々はヒマではないからです。そのような消費は「無駄」と言われます。

つまり世の多くの人の食指を動かすコンテンツとは、その中間、「さわりだけ見聞きしたことがあって興味はあるけど、ちゃんと全容は知らないもの」です。その中身が人に誇れたり、自尊心を満たせたりする「教養」に近いものであれば、実利的なメリットも上乗せされるので、食指はさらに活発に動くでしょう。

『関ヶ原』を観たいと思った観客の動機のひとつには、こんなものもあるのではないでしょうか。「関ヶ原の戦いは歴史の授業で聞いたことがあるし、たぶん大事な教養なんだろうけど、実はよく知らないので、長年後ろめたかった。これ1本観て全貌が理解できるなら、観てみようかな……」。まさに「さわりだけ知ってるけど、ちゃんと全容は知らない」の典型です。

2016年10月に刊行後、8カ月で37万部のベストセラーとなった『応仁の乱 戦国時代を生んだ大乱』(中公新書)もそうでしょう。誰もが「応仁の乱」は歴史で習った(記憶がある)が、ちゃんと全容は説明できない。人々が抱くその後ろめたさを、同書は見事に突きました。

映画でも『三国志』における「赤壁の戦い」を映像化した『レッドクリフ』二部作(08、09)という作品がありました。前後編合わせて100億円以上の大ヒット作です。

■「知っておかないと恥ずかしい教養」か?

『三国志』は男性にファンが多く、文化教養の側面のあるコンテンツです。「ちょっとかじっただけなので、ちゃんと知りたい」「周囲に三国志好きが結構いて、仲間内でよく熱弁してるけど、話に入れないのが悔しい」「昔読んだけど忘れちゃったので、この機会に復習したい」という人にとっては、うってつけの「学び直しコンテンツ」でした。

ベストセラー小説や国民的人気コミックの映画化が一定の集客を得るのも、近い理由でしょう。教養として、あるいは現代人の「嗜(たしな)み」として、ヒット作を知らないことに、どこか気後れしている人は少なくありません。そんな後ろめたさが映画1本で解消できるなら……という期待があるのでしょう。

しかし、多くの日本人にとって『ワンダーウーマン』は、「さわりだけでも知っていた」存在でもなければ、「知っておかないと恥ずかしい教養」でもなければ、「現代人の嗜み」でもありませんでした。

公平を期すべく慎重に申し上げるなら、『ワンダーウーマン』は実に間口の広いエンタテイメント超大作です。肉体を駆使したアクションは爽快で、VFXも豪華。ストーリーは明快。画面はリッチで華やか。アメコミファンや映画好き以外の人が観ても、おおむね楽しめるでしょう。しかし、日本ではそれが判定される土俵に、中途半端にしか立たせてもらえませんでした。

■「空気を読む」というキーワード

それにしても、なぜそこまで知名度が大事なのでしょうか。その理由のひとつが、「世間」を重んじ「恥」を徹底的に回避したがる、日本人特有の国民性です。これは年長者ばかりでなく若年層の間でも「空気を読む」というキーワードで浸透している、全世代共通のパーソナリティです。

「世間」が好むコンテンツを自分も「嗜んで」おくことが、すなわち多くの日本人にとっての社会性です。職場や学校、友達同士のコミュニティ内で「流行って」いるものを、とりあえず自分も嗜んでおかないと、その輪に入れない。皆が知っていること、体験したことを自分もしていないと、恥をかく。集団と共感できない。疎外される(気がする)。日本人はそういう無言の同調圧力と常に戦っています。

そんなことはないと反論する方もいらっしゃるでしょう。「趣味趣向の決定にまで周囲の顔色をうかがうなんて、信じられない。自分はそんなふうに生きていない」と。でも、世の中の驚くほど多くの場所で、「世間が話題にしているから、観ておかなきゃ」という発想で映画が選ばれています。つまり反論するあなたは「未知のものにカネと時間を使う人」と同様、少数派のエリートです。そして少数派の消費行動だけで興収50億円は達成できません。これが日本の現実です。

己の嗜好を貫き通すよりも、恥を徹底的に避けたい。そう考える人が多数派なのです。使える時間(貴重な週末を使うことになる)とカネ(1本1800円は結構な出費)が限られている中では、「恥の回避」を優先する人が多くなるのは当然なのでしょう。

■どちらか1本を観るなら『関ヶ原』を選ぶ

その結果、知名度が低い≒「世間」が好むコンテンツではない、と判定された『ワンダーウーマン』の視聴優先度は下がりました。極論すれば、平均的日本人であればあるほど、「ある週末にどちらか1本を観るなら『関ヶ原』を選ぶ」のです。

このような構造から、日本の映画興行ランキングは “良心的な古参映画ファン”が悲観的に愚痴るところの「ガラパゴス状態」になっています。保守的な邦画とアニメが上位を占めてしまい、未知の洋画は検討すらしてもらえないわけです。

意欲作にもかかわらず、「よく知らない洋画」というだけで、まともな勝負の土俵に立たせてもらえないのです。『ワンダーウーマン』はかなり健闘しているほうだと思いますが、最近でも『LOGAN ローガン』(日本興収6.9億円)や『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』(日本興収11.5億円)などは、全米や海外では多くの観客を集め、評価が高かったにもかかわらず、日本ではそこまでの成績を挙げられませんでした。

■いまだに鎖国中のガラパゴス状態

「土俵」で連想するのが、昨今の相撲事情です。日本の「国技」である相撲で、日本人横綱と日本出身横綱の違いが話題になりました。すでに帰化している外国出身の日本人横綱がいるにもかかわらず、「19年ぶりの日本出身横綱の誕生」がニュースになったのです。

現在の映画市場においても、日本の多くの観客たちは「外国人力士=洋画」への寛容さに欠けているように思います。この不寛容は、「関ヶ原の戦い」の後に待っていた徳川幕府による“鎖国”、つまりガラパゴス状態そのもの。これは天下泰平とも呼ばれますが、ゆるやかに死んでいる状態とも言えます。無言の同調圧力が威を振るう日本の映画市場は、いまだに鎖国中のガラパゴス状態ではないでしょうか。

しかし観客ひとりひとりが「嗜み」や「気後れ」を捨てて鎖国を解けば、きっと新しい時代がはじまります。その結果、体格もファイティングスタイルも異なる新進気鋭の「洋画」が土俵上で思う存分暴れ、「邦画」は切磋琢磨されてどんどん強くなるでしょう。観客は今まで以上にエキサイティングな取り組みを見られるようになり、目が肥えていきます。鎖国に飽きた一部の志士たち(少数のエリート)は、もうとっくに、そのことに気づいているのでしょうが。

(編集者/ライター 稲田 豊史 写真提供=2017「関ヶ原」製作委員会)