キム・ハヌルは巻き返しなるか!(撮影:米山聡明)

写真拡大

<日本女子プロゴルフ選手権コニカミノルタ杯 3日目◇9日◇安比高原ゴルフクラブ(6,640ヤード・パー71)>
国内女子メジャーの今季2戦目となる「日本女子プロゴルフ選手権コニカミノルタ杯」。最終組の3選手も1番を終了し、全選手が第3ラウンドをスタートした。

2日目を4アンダーの首位タイで終えた柏原明日架、東浩子、黄アルムでのスタートとなったこの日の最終組。東とアルムはパー発進としたが、柏原はボギーを叩き1歩後退となった。
史上2人目となるメジャー3連勝を狙うキム・ハヌル(韓国)は6番まで終了し、トータル3オーバーの21位タイ。この大会の昨年覇者である鈴木愛は、2番終了時点でイーブンパーの9位タイとなっている。
そのほか、韓国の“セクシー・クイーン”アン・シネ(ともに韓国)と2013年にこの大会を制覇しているイ・ボミは、それぞれ17番、8番を終了し、トータル4オーバーの25位タイとスコアを伸ばしきれていない。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

日本女子プロゴルフの最新順位はこちらから!
苦渋の決断が奏功!竹内美雪が好位置で決勝R進出
風に翻弄されたボミは32位に後退「調整して頑張りたい」
柏原明日架が首位キープ!“もったいない”ボギースタートにも気持ち切らさず
“スマイル・クイーン”の貴重なオフショットも満載!女子プロ写真館