マドリー、数日中にもイスコの契約延長を発表? ペレス会長が明言「すでに契約は延長した」

写真拡大

▽レアル・マドリーは、スペイン代表MFイスコ(25)との契約延長をすでに済ませているようだ。スペイン『アス』が報じている。

▽若くして“スペインの至宝”と評されたイスコは2013年夏、マラガからマドリーに加入した。昨シーズンは、公式戦42試合に出場して11ゴール10アシストを記録。リーガエスパニョーラとチャンピオンズリーグの2冠達成に貢献するなど台頭著しい。

▽伝えられるところによると、レアル・マドリーは2018年6月までとなっていたイスコと新契約を締結。レアル・マドリーのフロレンティーノ・ペレス会長がスペインの地元ラジオ局『カデナ・セール』で次のように明かした。

「イスコは若い頃にマドリーに加わった。そして、我々が期待してた通りの選手になっている。彼はまだ25歳だ。我々には11人のスペイン人選手がいて、その中の9人がカンテラ育ちだ。彼とは契約を延長した。数日中には公式に発表する。その時に全ての契約延長を発表するよ」