ファミリーカーの上手な選び方は? ”ママ目線”で外せない5つのポイント

写真拡大

忙しいパパに代わって日々の子育てや家事だけでなく、家電の配線や家具の設置、DIY、そして車の運転など、ひと昔前まではパパの役割分担であることが多かった仕事を一手にこなすママが増えています。

【チャイルドシート】今すぐ確認! 正しく装着するための3つのポイント

車の運転に関していえば、レジャーだけでなく、日用品の買い物や習い事の送迎など、日々の暮らしに欠かせないことから、新たに免許を取得したり、ペーパードライバー講習を受講したりするママは少なくありません。

そこで、ママがメインで運転するファミリーカー選びのポイントを解説していきます。

1.運転しやすい

「視界が広い」「小回りが利く」「坂道発進がラク」など、ママでも運転しやすいことは、最も重要なポイントです。

ファミリーカーといえばミニバンというのがここ数年の常識とされてきましたが、買い物やちょっとしたお出かけなどママが日常的に使うなら、やはり小回りの利く軽自動車やコンパクトカーが便利!

近頃は「小さくても広い」ことが当たり前になっており、コンパクトカー・軽自動車にも広々とした室内でドライブを楽しめるファミリー使いに優れた車種が増えています。

2.荷物をたくさん積める

忙しい子育て世代は、食材や日用品を週末にまとめ買いをすることが少なくありません。そのような場合、徒歩や自転車で子どもを連れて荷物を持って……なんて、だた買い物に行くだけでもヘトヘト。

また、子どもが小さいうちはレジャーにベビーカーが必須というご家庭が多いことでしょう。さらにキャンプなどアウトドアを楽しむ家族が増えています。

このため、シートのアレンジによって収納場所を広げられるなど、荷物をたくさん積めることも、ファミリーカー選びの大きなポイントです。

3.広い室内でリラックスできる

狭い室内は窮屈で居心地が悪く、子どもがギャン泣き! ということは何が何でも避けたいもの。

ただでさえ神経を使う運転時に子どもがぐずりだしたら、ママは気が気ではありません。

リビングを丸ごと移動したかのようなゆったりとした室内なら、ママも子どももリラックスしてドライブを楽しめます。

4.子どものお世話がしやすい

まず、せまい駐車場や壁際でも開閉時にドアをぶつける心配が少なく、赤ちゃんを抱っこしたままの乗り降りがスムーズな「スライドドア」であることは必須。

さらにシートを前後に大きくスライドでき、助手席に座るママと後席に座る子どもとの距離を近づけられたり、シートを簡単に倒してオムツ替えのスペースを取りやすいなど、自由度の高い仕様であるかどうかも、ママにとって外せないポイントです。

5.コストパフォーマンスが高い

車本体の価格はもちろんのこと、低燃費であることや自動車税等、維持費なども考慮して選ぶのもポイントです。

特に日々家計を管理しているママである場合、コストパフォーマンスは気になるところです。

しかしながら低予算であればそれで良いということではなく、ライフスタイルに見合っているかどうかということや、使い勝手の良さから得られる満足度がコスパの高さに大きく影響してきます。

「大は小を兼ねるとミニバンを購入したものの、自信がなくてほとんど運転できない」ーこれではもったいないですよね。

まずは、使用目的にマッチする車であるかどうかを念頭におきながら、価格も含め、納得いく車選びをしていきたいですね。

■写真協力/Honda N-BOX