9月9日(土)放送の「あるある晩餐会」では、“実家が病院・農家・飲食店の芸能人あるある”を放送/(C)テレビ朝日

写真拡大

9月9日(土)の「こんなところにあるあるが。土曜 あるある晩餐会」(毎週土曜夜9:58-10:59テレビ朝日系)で、“実家が病院・農家・飲食店の芸能人あるある”を放送する。

【写真を見る】実家が自営業の芸能人たちのぜいたく自慢にスタジオはドン引き…!?/(C)テレビ朝日

共通の経験や環境に基づく爆笑&驚きの知られざる“あるある”を披露する同番組。今回はその中からとっておきのネタを放送前に先取り!

飲食店、病院、農家出身の芸能人が集結し、それぞれの良い点、苦労した点であるあるトークを繰り広げる。また、各地にあるゲストの実家に取材を敢行。深刻な跡取り問題や意外なビジネスのヒントを明かしていく。

実家が割烹料理店の井上和香や、老舗うなぎ店に長男として生まれた松木安太郎は、店の余り物ながら豪華な料理が食谷に並ぶことが普通だったと告白。井上の「子供のころから毎日中トロが食事に出てくるから、正直食べ飽きた」との発言に、スタジオはブーイングの嵐に。

さらに、弁当には「アワビの天ぷら」や「一口ステーキに本わさびを添えたもの」が入っていることもあったと明かす。スタジオにはその贅沢な家庭料理が登場し、ゲストのサンシャイン池崎が食レポに挑戦する。

実家が歯医者の高橋茂雄は、腹立たしいほどにぜいたくな幼少期の食体験を発表。「子供なのに回らない寿司店で好き放題に注文していた」と語る。同じく実家が歯医者の西田淳裕も、若手時代に先輩の今田耕司支配人からおごってもらった料理の味はすべて幼少期に経験済みだったと語り、「こんなん食ったことないやろ!」と何も知らずに先輩面をしていた今田は赤面…。

一方、実家が農家のウド鈴木、鈴木Q太郎、松村邦洋は、家で食べるものは実家の収穫物がほとんどだったため、「餃子」や「パン」の存在を学校の給食で初めて知ったと告白する。

また、「どの職業の子供が一番良い?」という質問に指原は「圧倒的に病院!」と断言するが、実家が産婦人科医院だった藤吉久美子からは、家族旅行にまつわる辛い思い出が語られる。

この他、主が倒れたら一気に死活問題にまで発展する自営業の厳しさや、後継がいないという農家の深刻な現実も明らかになる。