FW本田圭佑が無事を報告した

写真拡大

 パチューカの日本代表FW本田圭佑が8日、同日にメキシコで発生した地震について、自身のツイッター(@kskgroup2017)で無事を報告した。

 気象庁の発表によると、地震が発生したのは日本時間8日の13時49分頃(現地時間の7日深夜)。メキシコのチアパス州沖を震源地とし、地震の規模を示すマグニチュードは8.0と推定されている。

 本田はスペイン語で「安全を保ち、余震に注意してください。私たちはあなたたちのことを思っています」とツイートすると、続けて日本語で「パチューカは大丈夫です」とファンに報告。メキシコで過去最大級の被害との報道もあり、「にしても頻繁にレコードって地球も安全じゃないよね」と危惧した。


●海外組ガイド