フランス・チームはマナリノがモンフィスの代役に [デ杯フランス対セルビア]

写真拡大

 デビスカップ準決勝(9月15〜17日/各地)でセルビアと対戦するフランス・チームは、アドリアン・マナリノが、故障したガエル・モンフィスの代役を務めることになった。

 金曜日にフランステニス連盟は、ヤニック・ノア監督にシングルスの予備要員として招集されていたモンフィスが、右肘の故障のため参加を辞退した、と発表した。

 34位のマナリノは、フランス・リールにあるピエール モーロワ・スタジアムでプレーするフランス・チームの一員として、ジョーウィルフリード・ツォンガ、ルカ・プイユ、そしてダブルス要員のピエール ユーグ・エルベール、ニコラ・マウらと合流することになる。

 両国の対戦は2010年決勝以来のことで、そのときはセルビアが3勝2敗で勝っていた。しかし今回セルビアは2010年優勝時のエースだったノバク・ジョコビッチなしで戦わなければならない。ジョコビッチは右肘の故障のため、シーズンの残り期間の試合をすべてスキップすることを決めている。

 この対戦の勝者は決勝で「ベルギー対オーストラリア」の勝者と対戦することになる。(C)AP(テニスマガジン)

※写真は9月15日に始まるデビスカップ準決勝「フランス対セルビア」戦に招集されたフランスのアドリアン・マナリノ。(写真◎Getty Images/8月の全米で撮影)
Photo: NEW YORK, NY - AUGUST 31: Adrian Mannarino of France celebrates after defeating Bjorn Fratangelo of the United States during their second round Men's Singles match on Day Four of the 2017 US Open at the USTA Billie Jean King National Tennis Center on August 31, 2017 in the Flushing neighborhood of the Queens borough of New York City. (Photo by Clive Brunskill/Getty Images)