フレッシャーズ編集部

写真拡大

30歳と言うと大半の人が就職して7〜8年くらいたった時期。会社の中でも中堅層になり、そろそろ結婚や子育てを考える人も増えてくるのではないでしょうか? 将来のことを考えると何かと必要になってくるお金。30歳のときにある程度の貯金があると、毎日の生活も苦労することは少ないかもしれません。実際いま20代の社会人のみなさんは30歳までにいくらぐらい貯金しておきたいと考えているのでしょうか? 20代の社会人のみなさんを対象に調査してみました!



■30歳までに、最低でもこれぐらいは貯めておきたいと思う貯金額はどのくらいですか?

第1位「500万円」60人(47.2%)
第2位「1000万円」37人(29.1%)
第3位「100万円」6人(4.7%)
第4位「200万円」4人(3.1%)
第5位「600万円」4人(3.1%)

●第1位「500万円」

・結婚したり、将来自分の家を購入したりするときに最低限必要になる金額だと思うから(男性/24歳/ソフトウェア)
・1年に50万円以上(女性/28歳/情報・IT)
・1年で100万円ぐらいはしておきたい(女性/29歳/その他)
・そのくらいならできるかもしれないから(女性/28歳/その他)

●第2位「1000万円」

・1000万円の大台にたどり着いて達成感を感じたいから(女性/28歳/その他)
・1000万円あったら大抵のことはできると思う(女性/25歳/生保・損保)
・それだけあれば、資産運用もしやすいと思うから(男性/26歳/団体・公益法人・官公庁)
・このままなら財形貯蓄だけで800万円ほど貯まるので、その額を目標にしている(男性/28歳/建設・土木)

●第3位「100万円」

・結婚式の費用として(男性/25歳/食品・飲料)
・キリがいいから(男性/23歳/商社・卸)
・目やすだから(男性/27歳/団体・公益法人・官公庁)

●その他

・200万円。結婚資金に(男性/28歳/団体・公益法人・官公庁)
・200万円。何かあったときに困らないから(女性/24歳/その他)
・600万円。将来的に子どものためなどにお金が必要になるので(男性/28歳/情報・IT)
・300万円。結婚したりしたいから、貯金は多ければ多いほどいいと思う(女性/25歳/アパレル・繊維)

20代のうちにしっかりと貯金しておきたいと考えている人が多いですね。年間どのくらい、と具体的な目標を立てている人も多いようです。

いかがですか? 1位の「500万円」と2位の「1000万円」とで全体の約8割に達しました。キリがよく目標として設定しやすい金額と考えている人が多いことがわかります。また、コメントを見ると、理想の貯蓄額が多い人ほど具体的な将来設計が見えているようです。将来のことを考えて、貯金を始めてみてはいかがですか?

文・学生の窓口編集部

マイナビ学生の窓口調べ
調査期間:2017年8月
調査人数:20代の社会人男女127人(男性21人 女性106人)