G-item / PIXTA(ピクスタ)

写真拡大

 住宅ローンの金利が低いことも追い風となって、マンションの購入を考える人は多いです。最近は新築にこだわらず、中古物件を選ぶ人も増えています。新築物件に比べて価格が安いことも魅力ですが、それ以外にもメリットが考えられます。

 新築物件の購入を想定されている方にとっても、物件選びの一助として参考にしてください。

◆中古物件ならではの「確認できること」

 中古物件を選ぶメリットは、大きく2つあります。

 まず価格が安いということです。一般的に、新築物件は購入した直後に価値が2割減になってしまうと言われています。人気の物件によっては値上がりしているものもありますが、これは稀です。「新築」というプレミアムは、それほど高いのです。

 同じ予算なら、中古物件を選ぶことにより、最寄り駅からの距離や居住面積の広さ等の条件を良くすることが出来ます。また、リフォームやリノベーションに充てる費用を増やすことも可能です。自分好みカスタマイズすることは、賃貸では難しいことです。折角購入するのだから、自分らしい、こだわりのある家にしたい、と費用を掛ける傾向が強くなっています。

 もう一つのメリットは、実物を見ることが出来るという点です。日当たりや間取り、中古なら気になる床の傾きや建付状態や壁の厚さなども現地で確認すると安心です。築年数の古いものなら、電気の容量やコンセントの数もチェックすることをお勧めします。マンション内の環境も下見が重要です。

 賃貸なら、近隣とトラブルになった場合、引越すことで解決できますが、購入すると引越しも簡単ではありません。管理がしっかりしているかもポイントです。外壁の状態やセキュリティー、エレベーターといった設備とともに、ゴミ置き場や駐車・駐輪場の清掃状態をみることは、管理会社がしっかりしているかの判断材料となります。

 こういった諸々は、新築マンションのモデルルームでは見ることが出来ません。

◆資産価値を保つために大事なこと

 マンションを購入しても、将来、住み替える可能性があります。家族構成や暮らし方の変化・多様化によって、家も「一生もの」ではないと考える人が増えています。「資産価値の下がりにくい、駅から近い物件を探しています」という話も耳にします。

 駅から徒歩10分以内、病院やスーパーが近くにあるといったことは、物件の広告にもプラス材料として大きく掲載されています。一方、資産価値を保つためには、管理会社がしっかりしていてメンテナンスが行き届いていることも重要です。

 マンションの敷地内が整備されていると、防犯や防災の点でも安心です。いくら室内を綺麗にしていても、外観や共有部分が傷んでいると売ったり貸したりしづらくなります。見落としがちですが、こういった管理の部分も物件選定の時に、しっかり押さえて欲しいポイントです。

<文/宮粼 真紀子>
みやざき まきこ●ファイナンシャルプランナーCFP(R)認定者、相続診断士。

<記事提供:ファイナンシャルフィールド>