スズキの本格クロスオーバーSUV『エスクード』改良型プロトタイプをドイツ市街地でキャッチしました。

1988年に発売された「エスクード」は、ライトクロカンというジャンルを確立、30年近く人気を維持しロングセラーSUVとなっています。

2017年7月には、2リットル並みの高出力を発揮する1.4リットル直噴ターボエンジン搭載の「エクスード 1.4ターボ」を追加していますが、この秋さらなる進化を見せます。

2017年改良新型の主な変更点は、スポーティさをアップするメッシュグリル、新デザインのエアインテークの他、新たな偽装からテールライトの変更が予想されます。ヘッドライトはダミーの可能性があり、グラフィックが刷新される可能性もあるでしょう。また、ハイテク面では、最新世代衝突軽減システム「デュアルセンサーブレーキサポート」が搭載されそうです。

パワートレインは1.6リットル自然吸気、1.4リットル直噴ターボエンジンのキャリーオーバーとなるはずです。トリム類など室内も刷新され、クオリティがアップ。ワールドプレミアは2017年秋が有力です。

(APOLLO)

メッシュグリル&新テールライトでスポーティに。スズキ・エスクード改良型、もうすぐ公開!(http://clicccar.com/2017/09/09/508416/)