あなたは自分のすっぴんに自信がありますか? 年齢を重ねると共に、肌の悩みも増えてくるもの。他人にすっぴんを見せるのは少し抵抗があるという人もいるのではないでしょうか。

実は、医療法人社団翔友会品川美容外科が20代〜40代の男性330人を対象に行った「女性の見た目に関する調査」では、4割以上の男性が“女性のすっぴんに幻滅した経験がある”ということが判明したのです!

今回はその調査結果の詳細についてご紹介し、スキンケアアドバイザーの資格を持つ筆者が、見た目年齢に大きく影響するシミの予防とケア方法についてお伝えします。

“肌が綺麗”は若々しく見えるための最重要ポイント

まず初めに「年齢を感じさせない女性の特徴は?」という質問には、「肌が綺麗」と答えた男性が、なんと半数以上の56.1%で1位。 続いて2位には「スタイルがいい」が29.7%という結果になりました。

1・2位のパーセンテージの合計は85.8%にもなり、“目鼻立ち”や“オシャレ”などは見た目年齢に関しては重要度が低いこともわかりました。メイクやファッションで自分自身を繕うよりも、肌のコンディションや体型をキープすることがより若く見える秘訣となるのかもしれませんね。

本人には言えない!「すっぴんに幻滅」経験男性は4割以上

女性の“肌の綺麗さ”によって、男性が受ける印象は大きく変わることがわかりましたよね。そんな中、「女性のすっぴんを見て幻滅したことがありますか?」という質問をしてみると、“ある”と答えた男性が4割以上という結果に!

「私は幻滅されたことなんてない」なんていう人も要注意。本人に伝えない、もしくは伝えられないという男性が大多数なようです。

それでは、男性は女性の肌のどんなところを見て幻滅してしまうのでしょうか。「女性のすっぴんのどのような点に幻滅しましたか?」という質問では、次のような結果となりました。

1位は「シミ・くすみ」、2位には「シワ」、そして3位は「クマ」でした。

男性からは、「肌が汚く、化粧している時とすっぴんのギャップが激しかった。(40代男性)」、「すっぴんになったら、想像以上にシミやシワが目立っていた。(30代男性)」、「意外と日焼け跡やシミ・ソバカスがあって驚いた。(20代男性)」などの声が聞かれました。

紫外線対策は必須!シミの予防とケア方法

“男性が幻滅するポイント”1位だったシミは、夏が終わった今の時期、特に気になるという人も少なくないのではないでしょうか。一度できてしまうとセルフケアで完全に無くすことは難しいのがシミ。だからと言って放置するのではなく、普段から予防と改善を心がけましょう。

シミの予防方法

シミが出来る原因はホルモンやストレス、摩擦や化粧品の合成成分から受ける物理的刺激など様々ですが、一番気をつけたいのはやはり紫外線。特に「UVケアは夏しかしない」という人は注意が必要です。

紫外線の中でも、皮膚の色を濃くし、シミや皮膚がんの原因になるといわれているのが“中波長紫外線”と呼ばれるUV-B。その量は6月から8月がピークで、秋や春でもその半分程度、冬には1/5程度になるものの一年中降り注いでいます。シミの改善をしようと様々な治療や化粧品を使用しても、毎日の紫外線対策が出来ていなければ充分な効果は得られません。

シワやたるみの原因になるUV-A(長波長紫外線)も年間を通して降り注いでいるので、季節や天気に関係なく紫外線対策は必ずしましょう。

加えて、なるべくストレスを溜めない、皮膚に刺激を与えすぎないなど、生活の中でできることにも気を配ってくださいね。

シミのケア方法

シミ対策として基本的に一年中取り入れたいのが、紫外線対策と美白化粧品。紫外線対策は、予防だけでなく悪化させないためにも大切です。美白化粧品は、特に初期のシミに有効。

既に定着したシミや肝斑に対してはあまり効果が得られないこともありますが、出来始めたシミを定着させないようにするため、また少しでも改善を促すためにも一年を通して使用してくださいね。

内側からのケアとしては、メラニンの生成を抑制する効果があるビタミンCやEを積極的に取り入れるようにしましょう。鮭(アスタキサンチン)やトマト(リコピン)、ベリー類(ポリフェノール)なども、抗酸化物質を多く含み活性酸素を排除してくれるのでおすすめです。

自信を持ってすっぴんを見せられる“美肌”に近づけるよう、是非参考にしてみてくださいね。