進化する“スーパーチタニウム”が体現−シチズンアテッサ30年の革新

写真拡大 (全5枚)

いまを遡ること30年前、軽くサビにも強いチタニウム素材を本格採用したウオッチブランドとしてデビューしたCITIZEN ATTESA(シチズン アテッサ)。シチズン独自の表面硬化技術 “スーパーチタニウム” とともに進化の歴史を歩んできた同ブランドより、30周年を迎えた今年、新たなシリーズとして「ブラックチタン」が誕生します。

▲「CC9075-52F」

真っ先に目を惹かれるのが漆黒のボディカラー。チタニウムに最新技術 “デュラテクトDLC” を施したブラックチタンは傷に強いのみならず、精悍かつエレガントな印象を与えます。ミラー面の美しい仕上がりを追求するために、チタニウム材は組成からオーダーメイド、さらに研磨用の砥石やワックスもシチズン独自で作るなど、徹底したこだわりが貫かれています。

▲「CC9075-52E」

ムーブメントには、電池交換不要な光発電エコ・ドライブ GPS衛星電波時計用 Cal.F900を採用。世界を股にかけるビジネスマンなら必須のデュアルタイム、ダブルダイレクトフライトも搭載します。

バンド部分を “デュラテクトMRK+デュラテクトDLC” のコンビで仕上げた「CC9075-52E」は、秒針に効かせたオレンジのポイントカラーも魅力です。

発売は10月5日より、価格は「CC9075-52E」が24万8400円、「CC9075-52F」が23万7600円。

>> シチズン アテッサ「ブラックチタンシリーズ」

 

(文/&GP編集部)