計量を終えた井上尚弥(左)はニエベスとにらみ合う

写真拡大

 ボクシングのスーパーフライ級のトップ選手が集結する興行「SUPERFLY」(9日=日本時間10日、米カリフォルニア州カーソン、スタブハブ・センター)の前日計量が8日(同9日)、試合会場のスタブハブ・センターで一般公開で行われた。WBO世界スーパーフライ級タイトルマッチは米デビュー戦で6度目の防衛戦を迎える王者・井上尚弥(24=大橋)がリミットいっぱいの52・1キロ、挑戦者の同級7位アントニオ・ニエベス(30=米国)が500グラムアンダーの51・6キロで一発パス。カリフォルニアの陽光が降り注ぐ屋外会場での計量だったが、井上尚は日本から駆けつけた後援会メンバーの「イノー!ウエー!」のかけ声にガッツポーズで応えた。

 今回は渡米前にリミットまで1・8キロと早めに減量を行った井上尚は「計量が終わって水分を(体に)入れて、闘志が沸いてきた」と充実の表情。ニエベスとは前日7日の記者会見に続き、向かい合って顔を突き合わせる「フェースオフ」を行ったが、「(相手は)声も出て気合が入っていた。明日はその気合を上回っていきたい」と印象を語り、米デビュー戦を「ボクシング人生の分岐点と思っている。初回からフルで行きます。チャンスがあれば狙っていきます」と自らに気合を入れた。

 また、3月以来の再戦となるWBC世界スーパーフライ級タイトルマッチは王者シーサケット・ソールンビサイ(30=タイ)が52・1キロ、挑戦者の同級1位ローマン・ゴンサレス(30=ニカラグア、帝拳)が52・0キロでパス。元世界王者対決となるWBC同級挑戦者決定戦は同級2位カルロス・クアドラス(29=メキシコ、帝拳)が51・9キロ、同級3位ファン・フランシスコ・エストラーダ(27=メキシコ)が52・0キロだった。