次期衆院選1区で自民党県連の公認推薦候補をめぐる問題で、山本一太県連会長は8日の会見で、現職の佐田玄一郎氏に替えて尾身朝子衆院議員が決定していることに言及し、「正式な選考委員会を立て民主的に決めた。覆ることはない」と強調した。

 5日には中曽根弘文参院議員の長男で元私設秘書、康隆氏が勉強会で「来るべきに備える」と宣言。具体的な選挙名は明言しなかったが、1区からの出馬もにおわす発言をした。

 山本会長は、康隆氏について「若くて有望」としながらも、「昨年の選考委では、康隆氏にもフェアなチャンスを与えた。その上で決まったことで、重く受け止めてもらいたい」と説明した。