みちのく銀行(本店・青森市)は8日、食品メーカーの商品開発・販路開拓を支援している「生産者直売のれん会」(本社・東京都台東区)と顧客紹介の業務提携を締結した。

 同行は取引先に同社を紹介し、販路拡大を支援することで県内の食のブランド化を後押しする。

 同社は駅ナカや百貨店、道の駅などに1坪ショップを展開し、独自のノウハウを生かして食品メーカーの販売戦略をサポートしている。一方、同行は県内の豊富な食材を全国に発信することで取引先の食品関連業者の販路拡大、活性化を支援するのが狙い。

 本店で行われた締結式で高田邦洋頭取は「県内には全国に発信されていないものが山ほどある。のれん会の商品販売力で販路拡大が期待できる」と期待を寄せた。同社は今後、県内の食材をリサーチした上で戦略を展開していく方針で、黒川健太社長は「食材の販路を開拓し、地域活性化につなげていきたい」と意欲を示した。