「博多らーめん食堂 由丸」自慢の、ビールに合う九州のうまいもん

写真拡大

博多の味を、食べて、呑んで、みんなで楽しめる集いの場「博多らーめん食堂 由丸 三田店」が9月19日(火)、東京都港区芝にオープンする。博多屋台の「うまいもん」を中心に、気軽に立ち寄れるらーめん食堂だ。

【写真を見る】九州の地酒、焼酎と相性抜群の「焼き豚足」は必ず食べたい

博多らーめんや一口餃子など全国区の名物料理が多く、グルメの街としても名高い博多。しかしまだまだ地元でしか知られていない料理も多く、東京と博多では流行っている料理も異なる。そこで、そんな料理を掘り起こし、今の博多で人気の「うまいもん」を楽しめる場所として、「博多らーめん食堂 由丸」は誕生した。

「黒豚一口餃子」(480円)や「焼き豚足」(350円)で九州の地酒や焼酎を飲み、〆に博多ラーメンを味わう。ひとつのお店で〆まで完結できるのは“らーめん食堂”ならではだ。仕事帰りについ寄ってしまうお店になる予感がするこの新店、オープンが大変待ち遠しい。【ウォーカープラス編集部/末次延蔵】