3月以来の再戦となるローマン・ゴンサレス(右)とシーサケット

写真拡大

 ◇WBC世界スーパーフライ級タイトルマッチ 王者シーサケット・ソールンビサイ≪12回戦≫同級1位ローマン・ゴンサレス(2017年9月9日 米カリフォルニア州カーソン)

 3月にプロ初黒星をつけられたシーサケットとの再戦に臨むゴンサレスは「いい練習をしてきたので、いい試合になるはず」と自信を示した。今回は母国メディアを避けるために日本の帝拳ジムを拠点とし、早朝4時半起床、夜8時半就寝の生活でWBC王座奪回へ練習を積んできたという。

 シーサケットも「タフな試合になるのは分かっている。タイにベルトを持って帰る」と意気込んだ。