「フェースオフ」でにらみ合う王者・井上尚弥(左)と挑戦者ニエベス

写真拡大

 ◇WBO世界スーパーフライ級タイトルマッチ 王者・井上尚弥≪12回戦≫同級7位アントニオ・ニエベス(2017年9月9日 米カリフォルニア州カーソン)

 井上尚は会見で挑戦者ニエベスと初対面した。向かい合って顔を突き合わせる「フェースオフ」で15秒以上もにらみ合い、ガッチリと握手。相手の体格は予想どおりとしながらも、「調子が良さそうで、いい目つきをしていた。気持ちで負けないようにしたい」と表情を引き締めた。

 世界初挑戦のニエベスは「俺を軽く見ないでほしい。井上にはベルトを置いて日本に帰ってもらう」と強気に話した。