山尾志桜里 民進党・元政調会長
「男女の関係はない。しかし、誤解を生じさせるような行動で様々な方々にご迷惑をおかけしたことを深く反省し、おわび申し上げる」
産経ニュース 9月7日

 名言、珍言、問題発言で1週間を振り返る。民進党が混迷を極めている。9月7日、山尾志桜里元政調会長が離党届を提出した。『週刊文春』9月14日号で不倫疑惑を報じられたことによるものだ。前原誠司新代表は当初、山尾氏を幹事長に起用しようとしていたが、不倫疑惑の情報が入ったため起用を断念。執行部入りも見送られた。

 離党届を提出した山尾氏は記者団に対して「有権者や子育てに奔走するお母さんを始め、応援いただいた皆様、同僚議員やサポーターの皆様に大変な迷惑をかけることになってしまい本当に申し訳ない」「誤解を生じさせる行動で、さまざまな方々にご迷惑をおかけしたことを深く反省し、おわび申し上げる」と陳謝した(NHK NEWS WEB 9月7日)。

 山尾氏は当選2回。2016年には「保育園落ちた日本死ね」と書かれた匿名ブログを国会で取り上げるなど、舌鋒鋭く与党を追及する姿で注目された。


「保育園落ちた日本死ね」が2016年「新語・流行語大賞」でトップ10入り。国会で取り上げた山尾氏(右)が授章式に出席。1人おいてその隣には今回の不倫を報じた「週刊文春」記者が「ゲス不倫」で授賞、“文春(ふみはる)くん”のお面姿で並んだ ©杉山秀樹/文藝春秋

 山尾氏に厳しい声を浴びせているのは、ほかならぬ民進党内の議員だ。「すぐに離党しなければ、党も山尾氏本人も傷口が広がる」(NHK NEWS WEB 9月7日)、「山尾氏が離党すればこの問題も区切りがつく」(NHK NEWS WEB 9月8日)などという意見のほか、山尾氏に議員辞職を求める声もあるという。早期の離党については民進党執行部から強く迫られていたとも報じられている(テレ朝news 9月7日)また、党執行部の一部からは議員辞職が必要だという声も上がっていたが、党内からは「仲間をかばわず、辞職させてそれが党のためになるのか」という反発も出た(毎日新聞 9月7日)。結局、議員辞職の意向を漏らしていた山尾氏を前原代表が説得したとみられている(産経ニュース 9月8日)。


ぶら下がりで、民進党を離党することを表明する山尾志桜里氏 =7日午後、国会内

 もともと山尾氏の幹事長起用に対して、民進党内には強い反発があったという。代表選で前原氏を支持した議員を中心に「政治経験が少ない山尾氏に党務を仕切れるのか」といった不満が続出していた(朝日新聞デジタル 9月5日)。とある民進党幹部は「男ならどんなに人気者でも実力者でも2回生で幹事長とは絶対ならない。嫉妬も交じり、党内で反発がすごく強かった」と語っている。「山尾幹事長となっていたら、民進党が勢いを取り戻す危険性があった」と語る自民党国対幹部とは正反対の評価だ(AERA dot. 9月7日)。民進党のとあるベテラン議員は「火に水ではなく、ガソリンをまいている」と嘆いたそうだが、これは山尾氏のガソリン疑惑への皮肉だろう(時事ドットコムニュース 9月7日)。本人の脇の甘さは明らかだが、山尾氏の離党届けの提出はこうした民進党内の声によるものも大きいのではないか。

“ガソリン疑惑”とは、山尾氏が事務所経費として1年間で約200万円以上ものガソリン代を計上していた政治資金に関する疑惑のこと。「地球5周分に匹敵する距離を走った計算になる」と騒がれた(産経ニュース 2016年4月1日)。この件に関しては山尾氏の元公設秘書が不正利用を認めており、すでに返金を済ませている(産経WEST 2016年12月27日)。なお、ガソリン代に関しては、自民党の鈴木俊一オリンピック・パラリンピック担当大臣の資金管理団体「清鈴会」が計上していたガソリン代が3年間で「地球33.8周分」となる1400万円以上に及んでいたことが明らかになって問題視されている(『週刊新潮』8月17・24日号)。

竹下亘 自民党・総務会長
「広島は人口がいるけど島根に落ちても何の意味もない」
朝日新聞 9月3日

 北朝鮮情勢が緊張感を増している。8月29日の弾道ミサイル発射に続き、9月3日には核実験を強行。安倍晋三首相は各国首脳と相次いで電話会談したほか、訪問先のロシア・ウラジオストクではロシアのプーチン大統領、韓国の文在寅大統領と会談し、対応策を協議した。

 そんな中、自民党の竹下総務会長から失言が飛び出した。広島市で行われた党広島県連のパーティーのあいさつで、北朝鮮が中国・四国上空を通過して米グアム沖を狙うミサイルの発射を予告したことについて、「島根に落ちても何の意味もない」と発言したのだ。


記者団に囲まれる竹下亘総務会長 

 翌日4日、竹下氏は「どこが不適切ですか。教えていただければ考えさせていただきますが」と述べ、発言を撤回しなかった(TBS NEWS 9月4日)。発言の意図については「島根には米軍基地があるわけでもなく、軍事戦略上意味がないという趣旨で言った」(時事ドットコムニュース 9月3日)、「北朝鮮から見れば、戦略的な意図から東京などの大都市に(ミサイルを)落とすことはあっても島根に落とすようなことはないという意味だ」と回答している(読売新聞 9月3日)。

 竹下氏は衆院島根2区選出。自民党の石破茂元幹事長は「人口が多い地域と少ない地域をユーモラスな意味合いを込めて言ったのではないか」と竹下氏をフォローした(産経ニュース 9月3日)。竹下氏は地元の人口の少なさを自虐ギャグにして披露したのだろうか?

 竹下氏の言うとおり、島根には米軍基地はないが、原発がある。原発にミサイルが落ちたら被害は甚大だ。「いちばんは国民の命と暮らしを守ることだ」(NHK NEWS WEB 9月3日)と言うのなら、そのあたりも念頭に置いて発言したほうがいいのではないだろうか。それともやっぱりギャグだったの?

前原誠司 民進党代表
「非常に厳しい船出だという思いを強くした」
テレ朝 news 9月1日


©近藤俊哉/文藝春秋

 9月1日、民進党は臨時党大会を開き、新たな代表に前原誠司氏が選出された。これは前原氏の選出挨拶での言葉。

 前原氏が「厳しい船出」だと語った理由は、「白票の多さ」による。前原氏は全体の約6割の票を獲得したが、国会議員142人のうち8人が無効票を投じていた。これらの無効票は離党予備軍と見られている(産経ニュース 9月2日)。記者からの質問に対して「今の段階で私がそれに対してコメントする必要はない」とかわした前原氏だが、民進党内の足並みが揃っていないのは山尾氏の騒動への対応を見ても明らかだ。

 記者会見でも語られた通り、必ず1年3カ月以内には衆院解散・総選挙がある。それまでにどうボロボロの民進党を立て直していくのか。「前原民進、船出から座礁」と見出しを打つメディアもある(時事ドットコムニュース 9月6日)。2度目の代表となった前原氏の手腕が問われる。

麻生太郎 副総理兼財務相
「気違いみたいな人ばっかり」
愛媛新聞ONLINE 9月3日

 相変わらず失言続きの麻生副総理。9月2日に愛媛県西条市で行われた10月の衆院愛媛3区補選の応援演説で「祭りのときに選挙なんてできるだろうか」と述べ、地元の祭りの参加者を「気違いみたいな人ばっかり」と表現した。この後、麻生氏は記者団に対して「不適切な表現だった」として釈明しているが、各メディアが「精神障害者に対する差別的表現」とボカしている中、見出しに「気違い」と打った愛媛新聞の怒りの大きさを感じる。

 愛媛新聞はコラム「地軸」で「信じ難い差別的表現を口にした」と麻生氏を批判。先の「何百万人を殺したヒトラーは、いくら動機が正しくても駄目」という発言も合わせて、「なぜ不穏な言葉が漏れ出るのか、本音を想像すればさまつなこと、とは到底思えない」と記している(9月4日)。

 麻生氏と長い付き合いの永田町関係者は次のように述べている。「失言癖は以前からだが、間隔が短くなっている」「年齢のせいか自制心がきかなくなっているのではないか。『安倍晋三首相が政権を投げ出したら緊急登板で麻生氏』の観測も消えつつある」(『週刊文春』9月14日号)。


©石川啓次/文藝春秋

長尾敬 自民党・衆院議員
「事実と違っていたので削除した。それ以外は答えられない」
産経ニュース 9月5日

 自民党の長尾敬衆院議員が7月、民放が偏向報道しているというネットメディアの根拠のない記事を自身のツイッターに引用して拡散を呼びかけていたことについて、投稿を削除して謝罪していたことがわかった。


自民党の長尾敬衆院議員 

 長尾氏は7月12日、自らのツイッターに「偏向報道やりたい放題。日本は乗っ取られた」などと伝える記事へのリンクを載せ、「情報戦です!」と記して拡散を呼びかけていた。記事の内容は事実無根であり、国会議員が悪質なデマを鵜呑みにして自ら積極的に拡散していたことになる。

 記事は「泉放送制作のせいで民放が偏向報道」というもの。同社が「日本のテレビ番組のかなりの部分」を作っていると指摘、「最も影響力の強いテレビがいつの間にか制作会社に実質的に乗っ取られ、偏向報道が繰り返されるようになっていた」「都合のいいコメントをしてくれる劇団員を雇い、効率よく撮影していく」などと伝えていた。また、「報道番組が森友学園、加計学園と、国民がもううんざりしている話題をいつまでもセンセーショナルに取り上げるのはなぜなのか。その理由が分かった気がする」とも記されていた。泉放送制作の幹部は「記事は全くの事実無根。議員の立場にある方に事実でないことを拡散され、非常に遺憾だ」とコメントしている(朝日新聞デジタル 9月5日)。同記事は長尾氏が謝罪したという報道が行われた時点で削除された。長尾氏はなぜこんな荒唐無稽な情報を信じ込んでしまったのだろう? 

 長尾氏は8月17日、この記事の拡散を呼びかけたツイッターの投稿を削除し、「関係者各位には、心から深くお詫び申し上げます。誠に申し訳御座いませんでした」と謝罪したが、産経新聞の取材に対しては「事実と違っていたので削除した。それ以外は答えられない」と秘書を通じて回答したのみだった。ちなみに「情報戦」とは「偽情報やプロパガンダの流布」も含まれるので、長尾氏の言っていることは正しいと言えば正しい。なお、長尾氏は謝罪報道の後、ツイッターで「南京大虐殺はありませんでした。これが私の理解です」と発言している(9月5日)。これも「情報戦」なのだろうか?

(大山 くまお)