【ママ友】許せない!本当にあった「非常識エピソード」と3つの対処法

写真拡大

子どもを公園や児童館、幼稚園や小学校などに行かせていると、自然に出会うほかのママ達。

ママ友いなくても子どもに影響ない!? 「ママ友0人生活」のメリット・デメリット

保護者会やPTA、習い事や子どもの遊びの付き添いなど、子育てをする上でママ達との交流は避けて通れるものではありません。

年齢や職業、家庭環境など、ママ達の置かれた環境は人それぞれであり、考え方や価値観も人それぞれです。

人それぞれでも、社会的な「常識」だけは同じでありたいと願うものですが、その願いに反して非常識だと思えるママは存在します。

自分の常識が他人の常識とは限りませんが、それでも常識から大きく外れた行動だと多くの人が感じることをする人が世の中にはいるものです。

今回は、本当にあったママ友の非常識エピソードと、ママ達から聞いた非常識ママへの対処法を3つご紹介したいと思います。

非常識だと思えるママ友関係に悩むママ達の参考になれば幸いです。

本当にあった非常識ママエピソード

子どもに最も近い存在であり、子どもの成長にとって最も影響を与えやすい存在と言えばママです。

ママは子どもにとってのお手本であり、子どもはママを見て育つと言っても過言ではありません。ですから、子どもの社会的な常識もママから教わることが多いと言います。

そんなママは常識ある人間であるべきですが、残念ながらそうでない場合もあり、非常識だと思えるママに悩む人は少なくありません。

ママ友トラブルは子どもが絡んでいるだけあり、悩みも深くなりやすいと言いますが、ママ友の非常識とはどんなものがあるのでしょうか。ママ達から聞いた、実際にあったエピソードをご紹介します。

インフルエンザ解熱後、子どもをすぐに登園させるママ

子どもの病気のことを知らないのか、小児科医の説明をちゃんと聞いていないのか、解熱後すぐに幼稚園に登園させていたママ。

感染防止の為、解熱後3日間は登園禁止となっていますが、平気で登園させていたママに尋ねてみると「もう大丈夫、熱下がったから」と言い放ち、さっさと子どもを預けて行ってしまったと言います。

自分の都合を優先させ、移されるかもしれない他の園児の事はまったく考えない非常識なママが本当にいるようです。

子ども1人は楽なんだから、PTA役員をやるべきだと言い放つママ

毎年ママ達が憂鬱になる、新年度のPTA役員決め。一人っ子の子どもの親に対し、「子ども1人は楽なんだから役員をやって」というママ。

もう1人子どもが欲しいと思っていても出来なかったり、経済的な理由で一人っ子だったりと、一人っ子である事情は家庭によりまちまちですが、子どもが2人以上いる家庭は大変だから免除してと言わんばかりの発言に非常識さを感じます。

そもそもPTA役員は一人っ子の家庭しか出来ないわけではなく、どんな家庭環境でも平等であるべきものですよね。

3歳児以上の遊びスペースに1歳児を連れて行き、気を付けてね!というママ

児童館や大型商業施設などに設置されている屋内のキッズスペース。そういったところは事故が起こらないように、月齢ごとに区切られているところが多いですね。

4歳のお兄ちゃんと歩き始めたばかりの1歳児を連れ、「3歳児以上の遊びスペース」にやってきて、走り回る他の子どもに対し「小さい子もいるからぶつからないように気を付けて!」と言い放つママ。

何度も同じ場所で会っていて話もしていることから、ここが3歳児以上しか遊べないことを知らないはずがないのに、お兄ちゃんと一緒だからいいでしょ!と言わんばかりに、他の子に注意するママは非常識と言われてもおかしくありません。

非常識ママへの対処法3つ

では非常識なママ友にはどう対処したらよいのでしょうか。

全く知らない人であれば見て見ぬふりも出来ますが、非常識ママが「ママ友」であれば悩むところです。

非常識なママ友に対し、どう対処したのかママ達に聞いてみたところ、対応方法は大きく分けて3つあることが分かりました。

自分や他人が傷ついている(困っている)ことを伝える

ママ友との関係性にもよるかもしれませんが、ある程度何でもお互いに言い合える間柄であれば、「その行為は非常識だ」と言うのではなく、「自分や他人はあなたの行為に傷ついている(困っている)」ことを伝えることが効果的だと言います。

常識は人によって違いますから「あなたは非常識だ」と言われると、「どこが?」となりやすく、聞き入れてもらえない場合が多いですが、「傷ついている」とか「困っている」という言葉は心に響きやすいようです。

自分と相手との違いを受け入れる

もともと自分と相手は常識が違い、その違いを認め、その「違いを受け入れる」ことで楽になったと話すママもいました。

違いを受け入れるということは、相手を「許してあげる」ということですが、人間ですから時と場合によっては「許せない」ことも出てくるでしょう。

しかし、自分が常識の範囲だと思って行動していても、それが相手にとっては非常識な行動であり、許せないと思える行動であるかもしれないことを考えれば、受け入れてあげようと思えるようになったと言います。

距離を置く

非常識な人間に対し「縁を切る」という行為は、簡単にできますし最も楽な行為です。しかし、子どもを通じ何かしらのご縁があって一度は友達になったのですから、すんなり縁切りではなく、少し「距離を置く」という方法が最適だと話すママの意見もありました。

人間は日々学んで成長するものですし、少し時間が経てば人も変わるものです。

そっと距離を置くという行為は、自分も相手も傷つくことがなく、時間を利用してお互いの関係性を見つめ直す大人な対応に感じますね。

まとめ

もともと「常識」というものは、幼い頃からの家族関係や友達関係において自然に学び、自然に身に付いていくものです。

学校で「常識とはこういうものだ」と教えてくれるものではないため、常識には正解がなく、その結果、人によって違いができてしまいます。

「常識」はある意味、非常に曖昧であり、曖昧であるからこそ、人との違いによって争いになりやすいものです。

しかし今回ご紹介した事例のような対処方法により、乗り越えているママがいることは確かですから、あまり悩まず前向きでいたいですね。

常識の違いによってママ達が争うことなく、人間関係が円滑になることをお祈りいたしております。