9月8日をもって稲垣吾郎さん、草なぎ剛さん、香取慎吾さんの3人がジャニーズ事務所を退所しました。公式サイト「Johnny’s net」から姿を消したことに寂しさを感じるファンが多い半面、稲垣さんの「ゴロウ・デラックス」(TBS系)、草なぎさんの「『ぷっ』すま」(テレビ朝日系)、香取さんの「おじゃMAP!!」(フジテレビ系)はこれまで通り放送されるため、一般層はほとんど変化を感じていません。

 しかし、国民的スターの退所・独立だけに、私の元には芸能記者や週刊誌編集者から、さまざまな情報が届いています。しかも、その内容がいまだ波乱含みなのです。

電撃結婚とスキャンダル発覚の可能性

 昨年末のSMAP解散から約8カ月の間に、3人を巡る報道がありました。まず4月に「週刊文春」が「香取慎吾 20年恋人と謎の少年」とスクープ。香取さんはすぐに「結婚の予定はありません。子どももおりません。友人のお子様です」と否定して騒動は収束しました。5月には「FRIDAY」が「突然の奇行! 草磲剛、子犬と路上に座り込み現場写真」を掲載。グループ解散や事務所独立による精神的なダメージが大きいのではないかと憶測を呼びました。

 さらに8月、稲垣さんが「めざましテレビ」(フジテレビ系)に出演し「(解散について)『何も変わらないよ』って、すました顔をして言ってはいけない」「(ファンには)やっぱり心苦しいです。でも、もう自分で決めたことですし、その現実は受け止めてもらわないといけないなと思います」と率直な思いを語りました。

 この間、芸能記者たちは3人の動きを徹底マークしていましたが、結局「ジャニーズ事務所退所」以上のトピックスはないまま退所。まさに「立つ鳥跡を濁さず」のソフトランディングだったのです。しかし、独立でしがらみと後ろ盾がなくなっただけに、いつ電撃結婚やスキャンダル発覚があってもおかしくありません。ただ、週刊誌はジャニーズ事務所を退所した3人をどのように扱うのか、国民的スターだけに手のひらを返すような対応を見せたらモラルを問われるでしょう。

リーダー・中居正広とは真逆のスタンス

 今後の仕事についてはほぼ未知数。「しばらく特定の事務所に所属しない」という方針は「あまり新たな仕事は受けず、マイペースでやっていく」という意思表示に他なりませんし、ジャニーズ事務所に残留して仕事をバリバリこなす中居正広さんとは真逆のスタンスとも言えます。

 ただ、稲垣さんは前述のインタビューで、「やっぱり役者の仕事は大好き」「自分をずっと磨きながら、いい俳優になっていくことができれば」と語っていました。草なぎさんもこれまで通り、俳優としての道を歩むことは間違いないでしょう。一方、香取さんは7月19日放送の「おじゃMAP!!」で、「(番組で)いろんなところに行って遊びたい」「俺、引退しないから」と明言しました。

 中居さんほど前向きではありませんが、芸能活動への意欲を見せているのです。独立したため個人でのネット発信も可能になりますが、マイペースなスタンスと影響力の大きさを考えると、その可能性は低いでしょう。

 1988年の結成から28年もの長期にわたって活動してきたのですから、「いったんペースを落としてもいいだろう」と考えるのも自然ではないでしょうか。SMAP解散からまだ8カ月しか経過していません。草なぎさんが飼い始めたばかりのフレンチブルドッグをあやす姿を見ていると、そんなことを感じてしまうのです。

数年に一度「全員集合」できるか

 9月3日、草なぎさんと香取さんがラジオ番組「ShinTsuyo POWER SPLASH」(bayfm)で、ジャニーズ事務所所属タレントとして最後の曲に「世界に一つだけの花」を選びました。今後もラジオ番組は続きますが、「もうSMAPの楽曲は流せない」ということなのか。それとも、単にファンと同事務所に対する感謝の気持ちなのか。真相はわかりません。

 その他、「もう歌やダンスを披露する機会はないのか」「ジャニーズ事務所所属のタレントと共演できるのか」「公式応援サポーターだった2020年パラリンピックの支援はするのか」といった不透明な部分が明らかになるまで、ファンとマスコミは彼らを追い続けるでしょう。

 そこで思い起こされるのは、音楽とコントで国民的グループとなったザ・ドリフターズ。解散こそしていませんが、活動休止状態が続く彼らのように、SMAPのメンバーも数年に一度は「全員集合」する姿を見せてもらえたら……と願わずにはいられません。

 人の心は移ろいやすく、5人はまだ40代とレジェンドにしては若いだけに、その可能性は間違いなく残っています。解散した以上、個人での芸能活動を充実させることが「全員集合」の最低条件となるだけに、奇跡を信じるファンたちはこれまで同様の応援をするでしょう。

(コラムニスト、テレビ解説者 木村隆志)