ゴラッソ2発でヘタフェが今季初勝利! 柴崎は63分までプレー《リーガエスパニョーラ》

写真拡大

▽リーガエスパニョーラ第3節のレガネスvsヘタフェが8日に行われ、2-1でヘタフェが勝利した。

▽3戦連続での先発出場となった柴崎擁するヘタフェは、開幕2連勝中の好調レガネスのアウェイに乗り込んだ。隣町同士の対決となったこの一戦。ファーストシュートはレガネスに生まれる。6分、右サイドからのクロスをゲレーロに頭で合わせられるが、GKグアイタのファインセーブでゴールを許さず。

▽日本代表MFがボールをまともに触ったのは15分のこと。トップ下の位置に入った柴崎がボックス手前でボールを持つと、相手DFをかわしてシュート。しかしこのシュートは枠を大きく越えてしまった。

▽一進一退の攻防が続く中、37分にヘタフェにピンチが訪れる。左サイドからのクロスの流れから、最後はルベン・ペレスにボックス中央からフリーでシュートを放たれるが、GKグアイタが右足でこれをセーブ。

▽ピンチを凌いだヘタフェは、その直後に先制点を奪う。39分、ボックス手前中央でボールを受けたアランバッリはそこから思い切り良く右足を振り抜く。するとこのシュートがゴール右上隅に突き刺さり、アランバッリのゴラッソでヘタフェの今季初ゴールとなる先制点をもたらした。

▽後半に入ってからは膠着した状態が続く中、柴崎は63分にアルバロとの交代でお役御免。だがその直後、ヘタフェは同点に追いつかれてしまう。65分、ボックス左からのディエゴ・リコが強烈なシュートを放つと、GKグアイタがこれを弾く。そのこぼれ球に再びディエゴ・リコが詰めるがこれもGKグアイタが防ぐ。しかし、さらにそのこぼれ球に反応したゲレーロがボックス左からこれを押し込み、同点弾を決められてしまった。

▽さらにその直後の68分、レガネスの左サイドからのクロスで、カラがガブリエウを倒してしまいPKの判定。しかし、ゲレーロがキッカーを務めたこの絶体絶命の危機をGKグアイタが見事に防ぎ、レガネスの逆転を阻止した。

▽そんな守護神グアイタのビッグセーブに感化され、ヘタフェの選手たちは勢いを増していく。すると84分、ヘタフェが勝ち越しに成功する。左CKのこぼれ球を、ボックス手前右で受けたアルバロが右足を振り抜くと、ボールは左ポストに当たりそのままゴールに吸い込まれた。

▽柴崎に代わって入ったアルバロのゴールで再びリードを得たヘタフェがこのまま逃げ切り、2-1で勝利。今季チーム初ゴールと初勝利を手にした。