【衝撃】ギネスブック掲載の「世界一辛いカレー」を辛い食べ物が苦手な女の子に食べさせてみた結果

写真拡大 (全22枚)

カレーといえば世界中の人々から親しまれている料理のひとつ。国ごとに作り方や親しまれている食材もまったく異なり、辛さレベルも全然違う。日本の一般的なカレーとアジア諸国のカレーもまったくの別物だが、その違いを楽しむのもまた一興なのである。

世界一辛いカレーは日本にある



種類によって味も辛さも全然違うカレーだが、実は世界で最も辛いカレーは日本にあるのをご存知だろうか。東京・池袋のインド料理専門店「サフラン」では世界一辛い唐辛子「ブートジョロキア」を使用した世界一辛いカレーを販売していて、なんとギネスブックにも掲載されているのである。





タバスコの約400倍の辛さ



使用されている唐辛子「ブートジョロキア」の辛さはなんとタバスコの約400倍だと言われていて、サフランの世界一辛いカレーに挑戦して完食できた人は10%にも満たないのだそうだ。タバスコだって子供がうっかり舐めてしまえば泣き出してしまいそうなほどに辛いというのに、その400倍だなんてまったく想像もつかない。辛い食べ物が苦手な人が食べたら一体どうなってしまうのだろうか……。



辛い食べ物が苦手な女の子に食べさせてみた



そこで我ながら鬼畜ではあるが、辛い食べ物が苦手な女の子を誘い、世界一辛いカレーだと言うことは伏せて食べさせてみることにした。女の子は一体どんなリアクションをして、そしてどのくらい食べられるものなのだろうか。検証したいと思う。

世界一辛いカレーが登場!



注文した世界一辛いカレーがいよいよテーブルに運ばれてきた。見よ、これが世界で最も辛いカレーである!





見た目は何とも美味しそうなチキンカレーである。運ばれてきたと同時に鼻をつんざくような唐辛子の匂いが漂ってきたりするのかと覚悟していたが、意外にも匂いは普通であり、この時点では危険な感じはまったくない。



女の子に気づかれてしまう



女の子は記者があまりにも写真をパシャパシャと撮るため、「これ何かヤバいやつなんですか?」と警戒心を抱いてしまった様子。世界一の辛さとまでは気づかないまでも、辛いカレーだということにはバッチリ気づかれてしまっただろう。これ以上何かに感づかれる前に、さっさと食べてもらうことにした。

いよいよ実食! 衝撃の結果に……!



さあ、いよいよ女の子がスプーンを手に取り、世界一辛いカレーをすくってそのまま口に運ぶっ……!!







なんと、スプーン1杯にも満たない量を口に含んだ瞬間に号泣!! 女の子は泣きながら「私これ無理です!!」と言い、慌ててラッシーを口に含んで辛さを中和し始めたぞ……。



「大丈夫?」と尋ねても女の子は「耳がポーンッてなって何も聞こえへんねん。何も聞こえん。何も聞こえへんねん」とうわ言のように繰り返し、涙を浮かべながらラッシーを飲み続けた。もちろん女の子はこのままギブアップ。お口直しとして最もマイルドそうな「トロトロチーズカレー」を食べてもらうことにした。

それにしてもスプーン1杯にも満たない量でこの破壊力……世界一辛いカレー恐ろしすぎる……!!



2人目のチャレンジャーを緊急招集!



女の子が軽く味見をしただけでギブアップしてしまったため、世界一辛いカレーはほぼそのまま残ってしまっている。これでは非常にもったいないため、2人目のチャレンジャーを緊急招集することにした。



おなじみ無職のオッサンが登場



この手のチャレンジに招集されるのは毎度おなじみ、編集部の近所に住む無職のオッサンである。この日も「世界一カレーだけど経費で食べられるよ」と伝えると、わずか5分で現地に駆けつけてくれた。早速オッサンに完食チャレンジをしてもらおうじゃないか!

涙を浮かべながら奮闘するオッサン



オッサンはカレーを食べ始めるとすぐに全身から激しく汗を流し、鼻水を垂らし、涙を浮かべ、口の周りが真っ赤に変色してしまった。

そしてオッサンは「これ辛いっていうか痛いッス……マジでヤバいッス……」と言いながらも、「これ全部食べないと自腹なんスよね? 絶対全部食うッス!」とルールを勝手に勘違いしてくれているのもあって、気合を入れてがむしゃらにチャレンジを続行! 頑張れ、無職のオッサン!!







ナンからライスに変更してラストスパート



オッサンは気合で半分くらいまで食べ進めたところで、口当たりの甘いナンで中和するのではなく、多めのライスで薄めながら食べる作戦に変更。トロトロチーズカレーを美味しそうに食べる女の子を横目に、ヨレヨレになりながらラストスパートを仕掛けた!







オッサン、見事に完食!



世界一辛いカレーと対峙すること1時間弱。なんとオッサンは見事に最後の一口を食べ切り、10人に1人も成功しないというチャレンジを成功させてしまったのだ! これはあっぱれである!





オッサンには完食をした証明書が贈呈され、見事サフランの歴史に名前を刻んだのだ。実に素晴らしいチャレンジであった。

後遺症が大変だったらしい



その後は現地で解散となったのだが、後日オッサンに話を聞いてみるとカレーを完食したあとの後遺症が大変だったそうだ。

帰り道では少し歩くたびに胃の中にたまったカレーがかき混ぜられるのか激しい腹痛が起こり、家でもしばらくは身動きができない状態に……。さらに、汚い話だがオシッコに激辛成分が大量に含まれていたようで、放尿する際に尿道が燃えるように熱くなり、激しい痛みを伴ったそうだ。まさに命がけのチャレンジだったのである。

これ以上辛いものはないという経験



ただオッサンは「これ以上辛い食べ物はないと思えるようになったのは大きい」とポジティブなコメントも寄せてくれた。確かに一度世界一の辛さを経験してしまえば、もう怖いものはないという感覚になれるのかもしれない。辛い食べ物が好きだという方は、万全の準備をしてから一度チャレンジしてみてはいかがだろうか。



店舗情報



サフラン 池袋

住所: 東京都豊島区東池袋1-28-1 タクトTOビル201

営業時間: 11時半〜15時、17時半〜22時

定休日: 年中無休

■執筆・監修:Mr. Fox

執筆、撮影、編集家。日本生まれ、生年不詳、トレードマークはキツネの顔。世界各国を回りながら、メディアに関わる仕事をしてます。人のアイデアを転がします! コンコン。https://twitter.com/im_mr_fox/