純丘曜彰 教授博士 / 大阪芸術大学

写真拡大

 ルネッサンス以降の近代というのは、人間がやたらなにかしたがる時代だった。なにが起こるか、後先を考えず、やらかす。そして、その後始末で大騒ぎして、またやらかす。その繰り返しの悪循環。いまでも、なんでも活性化。ジジイやババアまで、活動、活動。ガキのように落ち着きもなく、世界を飛び回り、スポーツに明け暮れ、政治に首をつっこみ、年甲斐も無く、あほな痴話揉め事で周囲まで引っかき回し続ける。

 会社の仕事もそうだ。どう考えても売れそうもないものを、むりやり売ろうと大声を張り上げ、大量の営業でごり押しをする。客の方も、騙されて買ってはみたものの、結局、使わず、ゴミの山。それどころか、その支払いのために、奴隷のように働き続けて、人生を費やす。そんなの、仕事か? それはただのムダ遣いとその後始末じゃないか。

 幸福というのは、元来、きわめて保守的なものだ。覚醒剤でラリっているような刹那の熱狂とは、むしろ対極にある。旅行だの、外食だの、娯楽だの、恋愛だの、贅沢だの、こんなのは、すべて現実逃避の麻薬。本来の生活に本当の幸せが無い連中が、永遠に逃げ続けているところ。きちんとした生活、家があって、家族がいて、そこに家庭の団欒があれば、テレビさえつけるまでもあるまい。

 本当の仕事も、似たようなもの。商売は、常連の顧客を大切にして、定番商品を品切れさせない、値段を上げ下げしない、ということこそが第一。農業や漁業でも、同じ。天候や気象の変動があっても、工夫して難を避け、量と品質を安定的に確保する。まして、警察や消防、病院や福祉、電気水道ガス通信、汚水やゴミの処理、そして、警備や設備、みな、何事も無い保守こそ、重要な仕事。警察や消防の新開発新商売なんて、だれも望んでいない。いまのままの平穏をきちんと守ってこそ、それが崇高な仕事。

 主婦も、家をいつも同じ状態に維持する大切な存在。あたりまえの食事、あたりまえの洗濯物、あたりまえの笑顔。なにも変わらないが、なにも変わらないことのありがたさにこそ、ほんとうはもっとも感謝すべき仕事。なのに、それが失われでもしないかぎり、人はその存在の大きさに気付かない。私も、学生のうちから母が入退院を繰り返し、亡くなった。脳天気に遊び歩く友人たちを横目に眺めながら、自分で家事をやってようやく、その大変さを理解した。

 こういう生活や仕事の基本も無しに手を広げたがるのは、近代人の精神的な病。おまけに、それを礼賛する狂人たちが世の中に溢れかえっている。それでよけいに元来の大切な生活や仕事を自己破壊し、気がつけば、負のスパイラルで四苦八苦。四半世紀もたって、いまだに、新製品だ、新開店だ、と、バブリーな話題を自慢げに振りまいている東京の連中を見ると、頭がおかしいとしか思えない。そんな底の浅いものを追っかけ廻し続けて、その先に幸せがあるとでも思っているわけ?

 人間の歴史は一億年。その最後の数百年だけが、このありさま。逆に言うと、九千九百九十九万年以上の長きにわたって、人は静かで穏やかな生活の方こそを大切にしてきた。ただでさえ、誤解や不和、戦争や災害が人間に襲いかかる。そういうトラブルを避けることにこそ、人は知恵を駆使して、どうにかやってきた。しかし、近代は、知恵を濫用し、必要も無く、やたら人と交流したがり、よけいなものと作りたがり、人間が絶対に越えられない壁を越えようとして、かえって自分たちでトラブルを起こして八方塞がりになる。

 幸せな生活を守る、というのは、それはそれで大仕事。無意味に活動的になって、よけいなことに手を出せば、かならずしっぺ返しがある。それよりも、よけいなことはしない。よけいなことには関わらない、関わらせない。そもそも、よけいなことなど、するまでもない。小さくても、落ち着いた生活を大切丁寧に守っていれば、それが幸せ。自業自得で幸せを失ってしまった愚かな躁の亡霊たちの大音量のささやきに騙され、よけいな邪念野心を抱いたりすれば、手もとにもともとあったはずの大切なものさえも失ってしまう。

by Univ.-Prof.Dr. Teruaki Georges Sumioka. 大阪芸術大学芸術学部哲学教授、東京大学卒、文学修士(東京大学)、美術博士(東京藝術大学)、元テレビ朝日報道局『朝まで生テレビ!』ブレイン。専門は哲学、メディア文化論。近書に『アマテラスの黄金』などがある。)