外遊で忙しい安倍首相。内閣支持率は決して高くないが、かえって「弱い安倍首相」のほうがマーケットには安心かもしれない(写真:ロイター/アフロ)

まことに奇妙な夏が過ぎ去ろうとしている。首都圏では、8月に夏らしい青い空をいったい何度見たことだろう。残暑の9月に入ってからも、毎晩エアコンを入れずに窓を開けて寝られる日々が続いている。コンビニの店頭にはおでんが並んでいるし、女性誌の表紙にはトレンチコートが紹介されている。お陰で電気代は安くて済むし、身体的にも楽でありがたいのだが、どうにも落ち着かない不思議な天候である。

「反アベノミクス論」は力強いが「増税路線」に嫌な予感


この連載の記事はこちら

今年の夏は、2012年末に安倍晋三氏が首相として再登板してから5度目の夏に当たる。アベノミクスもこれで5年目と言うことになる。

ひとつの経済政策が、これだけ長期間にわたって続けられることもめずらしい。普通、間違った方針や失敗した政策は速やかに忘れられていくものだから、これだけ長く続いていることはそれ自体が成功なんじゃないか、などと筆者はゆるーく考えている。

ところが最近は「反アベノミクス論」も少しずつ増えている。「東洋経済オンライン」ならぬ本誌の『週刊東洋経済』8月12日-19日合併号の巻頭コラムでは、小峰隆夫・大正大学教授が「もはやアベノミクスではない」と問題提起している。

小峰氏の論旨は以下のようにシンプルで力強い。まず、アベノミクスという呼称を使う必然性はなくなったと断言する。その理由は3つ。[姪・質的緩和、マイナス金利など日銀による実験的な政策が行き詰まり、むしろ副作用の方が明瞭になりつつある。長期の景気拡大が続き、ほぼ完全雇用が実現しているのだから、非常時型の対応は適切ではない。アベノミクスに含まれていない財政再建や社会保障改革の方が重要課題になっている、からである。

ゆえに正統的な経済学の考え方に基づいて、国民に負担を求めつつ、財政・社会保障の持続性を確保せよ、と説く。アベノミクスへの消極的支持者である筆者としては、これに対する有効な反論を思いつかない。ただしこれから財政再建を急げという話を聞くと、「いつか来た道」との嫌な予感も走る。

アベノミクスはすでに4年半も続いている。経済誌などでその検証論議が増えるのは当然のことだ。しかし、「もはやアベノミクスではない」というフレーズに迫力があるのは、「安倍政権もそう長くはない」という見方が徐々に増え始めているからだろう。安倍晋三氏が首相の座を去ったら、アベノミクスも終わるんじゃないか。仮に自民党内で後継政権が誕生して、今の経済政策を引き継いでくれたとしても、少なくとも「アベノミクス」とは呼ばれなくなるだろう。

思えば安倍政権は、わが国としては破格の長期政権である。2006年から2007年にかけての第1次安倍内閣の日々を合算すると、安倍晋三氏の首相在職日数は2084日(9月9日現在)となる。すでに小泉純一郎(1980日)や中曽根康弘(1806日)の記録はとっくに超えて、戦後の首相では佐藤栄作(2798日)と吉田茂(2616日)に次ぐ歴代第3位となる。

「北朝鮮」と「ふがいない野党」で浮上する内閣支持率

これだけ政権が長期化すると、さすがに国民の間には「飽き」や「疲れ」が出てくる。また政権内には「馴れ」や「驕り」も出てくる。実際に麻生太郎副総理兼財務大臣と菅義偉官房長官が不仲だとか、今井尚哉総理秘書官と谷内正太郎国家安全保障局長の間に対立があるとか、いろんな噂が飛び交っている。そうかと思うと『文芸春秋』10月号では、今まで「安倍総理べったり」と呼ばれていた岩田明子NHK解説委員が、「安倍総理『驕りの証明』」なる手記を寄稿している。まあ、実際に読んでみると、手の込んだ応援演説のようでもあるのだが。

今年の夏は内閣支持率が約20ポイントも急落し、不支持率が支持率を上回って安倍首相とその周辺が慌てふためくことになった。「モリ/カケ疑惑」あり、PKO日報問題あり、稲田朋美前防衛大臣の不適切発言など、政権の足を引っ張る事態が相次いだからだ。

しかし、夏の終わりとともに内閣支持率は底打ちして、安倍政権は危険水域を脱しつつある。その理由として、 峽糞い悪くない」(今年4-6月期のGDP成長率2次速報値は年率2.5%と好調だった)、株価もそれなりの水準(日経平均株価1万9000円台)、8月3日の内閣改造が「まあまあ好評」であったこと、などを挙げることができる。

ただ、それ以上に決定打となったのは、ぁ嵋鳴鮮の脅威」とァ嵒垤暖紊覆ぬ酖沺廚箸いλ菘戮なじみの組み合わせであろう。8月29日に発射された弾道ミサイル、9月3日に行われた6度目の核実験は、北朝鮮の脅威がリアルなものであることをまざまざと見せつけてくれた。いつものことながら、北朝鮮の金王朝は安倍首相の強力なサポーターであるらしく、今回も絶妙なアシストを決めてくれた。

安倍さんはトランプ大統領と何度も電話会談したり、ウラジミール・プーチン大統領に対北朝鮮制裁への協力を求めたりで忙しい。13日からはインドに飛び、その次の週はニューヨークの国連総会で演説するのだとか。すっかり「水を得た魚」モードである。

そして最大野党である民進党は、お得意の「ブーメラン」を壮絶な形で決めてくれた。蓮舫代表の辞任を受けて行われた代表選挙で、前原誠司元外相が枝野幸男元官房長官を破ったのはいいが、いきなり幹事長人事で躓いてしまった。いや、山尾志桜里議員の不倫疑惑がそこまで悪いことだとは筆者は考えないが、個人としての危機管理ができない人間に幹事長を任せてはいかんだろう。そしてまた、幹事長をまともに決められないような野党が、政権をとって組閣ができるとは思えないではないか。

かくして有権者は、かならずしも安倍政権に満足しているわけではないのだが、他に選択肢がないという現実に回帰しつつある。それでは再び「安倍1強」に戻れるのかと言えば、たぶんそうではないだろう。宿願の憲法改正も大きく遠のいたし、ロシアとの平和条約も難しそうだし、東京五輪もずいぶん先のことである。総裁任期を延長したから次の総裁選を終え2021年まで…などとはもはやご本人も考えてはいまい。

今後の安倍首相は、とにかく政権を維持することを最優先しなければならない。対外的には、綱渡りで北朝鮮の脅威に対応しなければならない。国内的には、「働き方改革」などの経済政策が待ち受けている。先の内閣改造以来、「岸破聖太郎」と称する後継者レースも始まってしまった(岸田文雄政調会長、石破茂元幹事長、野田聖子総務相、河野太郎外相)。支持率もそれほど回復しないだろう。

「年号が変わると首相交代」のジンクスを破れるか

さらに現内閣は、来年末に向けて「平成の終わり」という微妙な準備も進めなければならない。年号が変わるというのは実は大変なことなのである。この国には不思議なジンクスがあって、「過去に元号を跨いだ長期政権はない」。以下のように、年号が変わると、それから4~6か月後に首相が交代しているのである。

* 明治から大正:明治45年7月30日に明治天皇崩御。ときの第2次西園寺公望内閣は、大正元年12月21日に「2個師団増設問題」で退陣し、桂太郎内閣が誕生。

* 大正から昭和:大正15年12月25日に大正天皇崩御。ときの第1次若槻礼次郎内閣は、昭和2年4月20日に「昭和金融恐慌」で総辞職し、田中義一内閣が発足。

* 昭和から平成:昭和64年1月7日に昭和天皇崩御。ときの竹下登内閣は、「リクルート事件」「消費税への不満」などが原因で平成元年6月3日に総辞職。宇野宗佑内閣へ。

上は「ただの偶然だよ」、と笑い飛ばしていただいても構わない。とにかく年号の変わり目には、いろんなことが起きやすいようなのだ。安倍首相としてはこれから先、とにかく低姿勢で行かねばならないだろう。

これまで安倍晋三氏は、人気が出てくると理念的なタカ派になり、ピンチになると経済重視の現実主義者に戻ってきた。市場関係者から見れば、今のような政治情勢はグッドニュースと解することができるだろう。つまり「弱い安倍首相」が、低姿勢で国内の経済問題に専念する。それでこそアベノミクスを続けることができるし、結果的に日本経済にも良い効果をもたらすと思うのである。

夏の終わりは、秋競馬の始まりをも意味している。

今週末からは中山開催だ。最初はグー、ではなくて京浜杯AH(オータムハンディキャップ、中山競馬場10日11R、G3)から行ってみよう。

同レースは秋競馬の「キックオフ」であると同時に、サマーマイルシリーズ(夏のマイル王者決定戦)の最終競争でもある。中山マイル戦は高低差があって、直線が短い。夏競馬の福島や新潟とは勝手が違うのでご用心。

京成杯AHは、中山に強いステイゴールド産駒で

ということで、京浜杯AHの本命はグランシルク。このところ2着、3着の成績が続いているが、3連複の軸にはちょうどよい。2014年、15年とこのレースを制した田辺裕信騎手への乗り替わりも好材料。思い切って3連単の頭にしてもいいんじゃないだろうか。

対抗はマイネルアウラート。前走の中京記念(7月23日、中京競馬場11R)で惨敗しているが、夏場に弱い馬なのでこの季節は狙い目ありだし、右回りのレースも得意なのである。そして穴馬はオールザゴーで、これまた前走関屋記念(8月13日、新潟競馬場11R)でボロ負けしたので低人気だが、斥量53キロは恵まれている。

わはははは、どうだ3頭全部ステイゴールド産駒だぞ。中山競馬場は「ステゴ産駒」に限る。何なら3頭ボックスのワイドでも、結構いい配当になるかもしれない。などと、秋競馬の到来を心から喜ぶ週末なのであった。