9月に入り、「あ〜ぁ、今年の夏も“出会い”がなかったなぁ」なんて女子も少なくないはず! 出逢いは待っているだけじゃ訪れないとは分かっていても、じゃあどうすれば良いのかわからない。人が集まりそうな場所には行ってみたものの、出逢いがなかった……そんな方のために、今回は“出会い”がよくある女性に共通する法則を、雑誌『anan 恋愛必勝行動学』特集の中からピックアップしてご紹介します。

1. かわいい女の子のSNSをフォローしよう



モテ髪プロデュース Hairsalon PEACE代表のモテ髪師・大悟さんによると「かわいい子ほど、かわいい女の子のSNSをフォローしている。おそらくそこから、もっとかわいくなるためのヒントを得ているんだと思います」とのこと。

たしかに、かわいくなりたいけど具体的な方法がわからない時は、憧れのモデルさんや女優さん達のファッションやメイクをマネしてみるのが一番の近道。もちろん、同じようにはなれないけれど(泣)、そのセンスを取り入れていくうちに、だんだんかわいさが磨かれていくもの。と同時に、男の子から声がかけられやすい存在に……というワケ!

2. ストッキングは30デニールが絶対!


今時の女の子は、生脚よりもストッキング派が増えているのだとか! 「なかでも、出会いのある子は肌がほどよく透ける30デニールのものを選んでいることが多い。その薄さが一番脚をキレイに見せられて、清楚さも演出できることを知っているのでしょう。自分の見せ方が上手な子には、男性の視線も自然と集まります」と大悟さん。

ストッキングはムレる……なんて言っている場合ではありません。出会いで大切なのは、何といっても第一印象! 控えめすぎずに、それでいて男の子が話しかけやすい清楚な雰囲気を醸し出すのがポイントです。

3. 声は高めに出して



声の印象はその人自身のイメージを大きく左右しますよね! 第一印象は、声が4割なんて話も聞きます。大悟さん曰く、「これは印象の問題だと思いますが、声が低い女の子って男からすると“ちょっと怖そう”という感じがして気軽には話しかけづらいんです。その点、声の高い女の子は、何でも明るく返してくれそうで、話しかけやすいんです」とのこと。

これは声の低い筆者としてはひたすら切ない話ですが、たしかに男女問わず声の印象でその人との距離感を図ってしまうコトってあるかも! ただ問題なのは、声の音階の高低というよりは、声のトーンの暗さや明るさのような気がします。たとえ声が低くても、機嫌良さげな明るい声のトーンだったら、誰でも話しかけやすいはず! 自分の声がこもっていたり不機嫌そうな声になっていないか日頃気をつけてみて!

4. 食べている写真をインスタにアップしよう


大悟さんがさらにおすすめするのは、インスタなどSNSを公開認定にしている人は、食べ物だけでなく“食べ物と私”をアップするという(筆者にとっては)高度な技術。「男子がこういう写真を見ると、その子とデートしている自分をつい想像したくなるんです。食べ物&自分をアップしている女子に、見知らぬ男性からメッセージが届くとよく聞きますが、男の潜在意識が動いた結果では?」と大悟さん。

食べ物といっても、かき氷やピザ、パフェなどかわいいモノであること。高級な料理だと「男と一緒では?」と疑念がわいて逆効果なので要注意なのだそう。空のジョッキが幾つも置かれたテーブルで、ビール片手になんて論外です(笑)。



というワケで、“出会い”の多い女子に共通する法則を4つご紹介しました。この夏出会いがなかった方は、ぜひ参考になさってくださいね♡
(協力・anan / 文・ミカマイコ)