たった1通のLINE。

その巧拙が恋愛の勝敗を決めかねないが、恋愛マニュアル情報は巷に数多くあれど、LINEの正解を教えてくれるコンテンツはほぼ見当たらない。

男女でLINEに対する捉え方は、全く異なるようだ。

あなたが送るそのLINE、気づかぬうちに間違えていないだろうか。




久しぶりに来た美人な元同僚からの連絡。これは期待して良い?


以前、同じ職場で働いていた紗弥香から突然連絡が来たのは、二週間前のことだった。




前から仲良くしていたけれど、彼女がベンチャーキャピタルの会社に移ってから、そう頻繁に連絡は取っていない。最後に会ったのは、いつだっただろうか。

だから正直、連絡が来た時は驚いた。
そして少し、嬉しい自分がいた。

元々サッパリした性格の紗弥香は、同じ年なのにどこか姉御肌的な所があった。なのに顔は取引先からも美人だと評判になるほど、抜群に可愛い。

風の噂で、交際していた彼と先日別れたと聞いた。このタイミングで僕に連絡が来るということは、何かのサインなのだろうか?




もちろん、と心の中で即答し、喜んで返信を送る。




紗弥香の友達が来るならば、こちらも男一人誘おう。

誰がいいかと考えながらも、突然来た紗弥香からの連絡に、少し浮き足立っていた。


ぬか喜びはまだ早い?女性は見ている、LINEの交換方法


Q1 :食事会後の連絡先交換。直接orグループ交換、どちらが正解?


店は、会社からほど近い『銀座やまの辺 江戸中華』にした。

最近気になっている中華の店で、一度足を運んだが中々美味い。繊細ながらも独創的な味わいで、コースのみだが一品一品、全てに感動がある。




階段を降り、地下にある店へ行くと今日呼んでいた大学時代の仲間、和哉が既にいた。

「今日来る子、可愛いから。」

そんな話をしているうちに、紗弥香とその友達・美優がやって来た。二人とも、相当レベルが高い。

この二人と食事できることに、少し鼻高々になる。しかし僕らだって、負けてはいない。

自分で言うのも何だが慶應卒の大手広告代理店勤務だし、和哉も同じく慶應卒で貿易会社に勤めている。父親が経営している会社なので、次期社長候補だ。

お互い簡単に自己紹介をし合い、料理が始まる。一品目が運ばれて来たとき、紗弥香と目があった。

「大輔は相変わらずかっこいいね。」

そんな簡単な褒め言葉でも、紗弥香に言われると嬉しくなる(同じ褒め言葉でも、美人に言われるとその価値が倍増する気がするのは自分だけだろうか...)。

「私、彼と別れたんだ。大輔は?今誰かいるの?」

「今?いないよ、一人だよ!」

紗弥香の不意をついた発言に、思わず動揺している自分がいた。

そんな嬉しい動揺に、旬の食材を使用したコース料理と美味しいお酒は、今宵に彩りを添えていく。

そのまま話は盛り上がり、二軒目へ移動しようとなった時。食事会で毎回出てくるお決まりの会話が始まる。

「連絡先、交換しようよ。」

僕は美優以外、皆の連絡先を知っているから彼女とだけ交換しても良かったが、幹事の紗弥香が仲介役を買って出てくれた。

「じゃあ、LINEで繋げるね。」

この一言に、かなり救われた。がつがつ連絡先を聞くのは気が引けるので、女性がLINEを繋げてくれるのはありがたいことだ。



翌日、紗弥香から昨日の宣言通り、LINEが入っていた。




この会話に僕の方からは和也を招待し、この後も暫くお礼合戦が続く。

そしてすかさず、紗弥香に個別でもLINEを送る。友達のフォローも忘れないようにしながら。




「昨日はありがとう」の個別LINEをきっかけに、LINEのやり取りが再開する。

こうして僕は、紗弥香を次のデートに誘うことにした。しかし、予想外の返事が返ってくることになる。


この子は俺のこと好きなの嫌いなの?確かめたい彼女の気持ち


Q2:その気はあるはず。女性の気持ちを確かめる方法はどこにある?


前回会った時に、何となく紗弥香の視線を感じていた。

元々紗弥香が会社にいた時から仲が良かったが、その時は向こうに彼氏がいた。こうして、彼と別れた後に連絡をしてきたのには、きっと意味がある。

お互い職場も今は違うし、もっと気楽に付き合えるはずだ。

次のデートは、どこを予約しようか。前回は中華だったから、次は和食かイタリアンか?

そんなことを考えていると、紗弥香から返信が来た。しかしこの返信を見て、おや?と思った。




来週金曜は?と聞いたけれども、当然ながら次は二人で会えると思っていた。淡い期待を抱いていた自分が、とっさに恥ずかしくなる。

しかし紗弥香の文面から察するに、また友達を連れてくる。つまり、デートではなく“みんなで”食事だ。




女性が友達を連れてくる意味。最初は、恥ずかしいからか、もしくは様子見なのだろう。

しかし二回目は、さすがに二人で食事へ行ってくれても良い気がする。

-僕のこと好きなのか?ただの友達なのか?

手応えは、ある。好意があることには間違いない。

しかしこのLINEからでは、紗弥香の気持ちを確かめようもない。

もう少しわかりやすいアプローチ、及び文面ならば自分からいけるけれども、良い大人だし、確率の低い勝負には挑みたくない。

向こうの気持ちが分からぬ限り、下手に動いて傷つきたくはないからだ。

しかし、捉えようによっては、二週連続で会う約束をしているし、好意があるようにも思える。

「一体どっちなんだ?!」

紗弥香から来た返信を見ながら、思わず頭を抱えている自分がいた。

▶NEXT:9月10日日曜更新予定
LINEの答えあわせ【A】:あの一言に。最初の段階で、彼女の気持ちは現れていた!

<これまでのLINEの答えあわせ【Q】>
vol.1 盛り上がったはずが。よくある「突然の既読スルー」という地獄
vol.2 つい送りたくなる“俺通信”。マメに連絡する男がモテるのか?
vol.3 気になる子を誘いたい。「今から飲まない?」が嫌われる理由
vol.4 ナゼ気づかない?女性へ「元気?」と送る男の大きなミス
vol.5 「今日はありがとうございました♡」デート後すぐ来たお礼LINE。これ、脈アリ?
vol.6 好きな女性に嫌われたくない。スタンプで「察して」ほしい男心
vol.7 「仕事が忙しくて予定が分からない」を鵜呑みにする女
vol.8 食事後「楽しかった!またご飯行こう」で態度急変したのはなぜ?
vol.9 返信は律義な彼が、デートに誘ってくれないのはなぜ?
vol.10 エリート男が仕事帰りに送りがちなNGワード。身に覚えある?
vol.11 「元気?」突然きた元カノからの連絡。これって何のサイン?
vol.12 2対2での食事後、個別で仲良くしたい時。その一文が落とし穴
vol.13 「少し時間をおいて、返信する」じらしテク。女の恋愛バイブルは正しいの?
vol.14 可能性の低かった女性が、LINEのやり取りで好転したのはナゼ?
vol.15 ナゼ彼女に浮気がバレた?見落としがちな、LINEのミス
vol.16 男の素っ気ない、絵文字なし短文返信。私への気持ち、どこで見抜けばいい?
vol.17 本命視されていなかったはず。なのにLINEだけで、私の方へなびいたのはナゼ?
vol.18 「今何してる?恵比寿にいない?」この後“圏外男”になってしまった、NGな一文とは?