画像提供:マイナビニュース

写真拡大

スペインでは現在、世界最大の自転車レースのひとつ「ブエルタ・ア・エスパーニャ」が開催中です。3週間かけてスペインを自転車で一周するこのレースの舞台は、観光大国・スペインが誇る風光明媚な街と野性味溢れる山岳地帯。8月25日、大会7日目のゴール地点は世界遺産・クエンカの街でした。走る選手には、街はどのように見えたのでしょうか。この夜、ディナーの席でチームメイトと振り返ります。

○今日のレース=断崖絶壁を振り返る

「今日の最後、大聖堂からクエンカ城跡にかけての登りはキツかったなぁ。ずっと石畳で、走りにくいしさ。しかし、よくあんな断崖絶壁の上に街を作ったもんだよね。下から見て『あれを登るのか!?』って思ったよ。こないだのツール・ド・フランスのゴール地点だった『ル・ピュイ・アン・ヴレイ』の崖の上の教会にも感心したけど、俺らのご先祖様は高いところが好きらしいな。

登り切ってから市街地への下りの最中に右側にすごい建物があったのを見た? 崖の上に張り付くように建ってたヤツ。さっきスペイン人のコーチに聞いたら、『宙吊りの家』って呼ばれている有名な建物らしい。クエンカは世界遺産にもなってるんだとさ。まぁ、のんびり観光なんてできないのが自転車選手の辛いところだよな。

ふぅ、おなかいっぱいだ。ありがとうシェフ、ご馳走さまでした。明日のレースのために早く寝るか。あ、糸ようじをひとつもらえるかな。サンキュー、じゃおやすみ」。

酷暑を3週間走るプロの自転車選手も大変そうです。唐突に出てきた糸ようじを含む用語解説は以下に。

ブエルタ・ア・エスパーニャ

「ツール・ド・フランス」、「ジロ・デ・イタリア」と並ぶ世界最大の自転車ロードレースのひとつ。それぞれフランス一周、イタリア一周を意味し、3週間をかけて開催される。ジロが5月に、ツールが7月に、ブエルタが8月に行われる。前2レースと比べて山岳の比重が大きく、時にえげつないほどの登り坂が登場するのが特徴。スペインは伝統的に山岳に強い選手を多く輩出しているが、国の地形的な要因が多分にあると思われる。

大聖堂

クエンカ大聖堂。12世紀の建立とされ、スペインで最古のゴシック建築である。クエンカはもともと9世紀にイスラム教徒が建設した要塞を起源とし、1177年のレコンキスタでキリスト教徒が入植して形成された都市である。この大聖堂も、大モスクのあった跡地に建てられたという。

断崖絶壁の上に街を作った

ヨーロッパには大小さまざまな街が高台に作られているが、ほとんどの場合、これは防衛上の理由による。イタリアのトスカーナやスペインのカスティーリャ地方など高い山の少ない平地では、見通しの利く高台に城塞を備えた街が置かれることが多い。例として、イタリアのシエナやベルガモなど。

ル・ピュイ・アン・ヴレ

フランス中部に位置する丘の上の小村。13世紀にルイ9世が「黒い聖母」を贈ったことでキリスト教の聖地・巡礼地となった。聖母を所蔵する大聖堂は、『フランスのサンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路』の構成資産として世界遺産に登録されている。

宙吊りの家

クエンカを代表する建築で、14世紀に断崖絶壁に築かれた3軒続きの家屋。かつては市庁舎として使用されていた。現在はアントニ・タピエスなどスペインの近代芸術家の作品を所蔵するスペイン抽象芸術美術館となっている。

のんびり観光なんてできない

自転車の本場ヨーロッパのプロ選手は、文字通りヨーロッパ中を日々レースで走っている。テレビ放映もあるため、コースには風光明媚な観光地が取り入れられるが、走る選手が見ているものは前の選手の背中と自分の自転車のハンドルくらいものである。

糸ようじ

一部の日本人にとっては、クエンカの街と糸ようじは分かちがたく結びついている。大泉洋の出世作「水曜どうでしょう」で、クエンカを訪れた際に生み出された「小林製薬の糸ようじ」ネタは今も色あせない。「クエンカ 糸ようじ」で検索。

○世界遺産データ

『要塞都市クエンカ』。文化遺産。1996年登録。スペイン。

○筆者プロフィール: 小俣 雄風太(おまたゆうた)

「世界遺産検定」事務局の編集広報部員。自転車ロードレースに魅せられ本場フランスに一年留学。その後イギリスのサイクリングアパレルブランドで広報を務め、世界各地で自転車に乗るうちに世界遺産を強く意識するようになる。検定を通じて世界遺産の魅力と意義を広めたいと奮闘中。

○世界遺産検定とは?

世界遺産の背景にある歴史、文化、自然等の理解を深め、学んだことを社会に還元していくことを目指した検定。有名な観光地のほとんどは世界遺産になっているため、旅の知識としても役立つと幅広い世代に人気。

主催: 世界遺産アカデミー

開催月: 3月・7月・9月・12月(年4回)

開催地: 全国主要都市

受検料: 4級3,000円、3級4,500円、2級5,500円、1級9,700円、マイスター1万9,000円、3・4級併願7,300円、2・3級併願9,500円

解答形式: マークシート(マイスターのみ論述)

申し込み方法: インターネット又は郵便局での申し込み

その他詳細は世界遺産検定公式WEBサイトにて。

世界遺産検定公式Twitter

世界遺産検定公式Facebook