昨年、2016年にデビュー10周年を迎えたMay J.の、前作『Imperfection』から3年ぶりとなる8枚目のオリジナルアルバム『Futuristic』のジャケ写が公開された。

アンジェラ・アキ作詞・作曲・初プロデュース、八代亜紀とのデュエット『母と娘の10,000日〜未来の扉〜』や、小室哲哉&つんく♂とのタッグで話題となった『Have Dreams!』などの注目曲やタイアップ楽曲、更にLAの有名ミュージシャン達とレコーディングしたMay J.作詞・作曲などの楽曲を収録。『レット・イット・ゴー 〜ありのままで〜 (エンドソング)』での大ブレイク以降、シンガーとしてのスキル、アーティストとして成長したMay J.の「今」を切り取った、11年目の軌跡と絆で紡ぐアルバムとなる。