8日、央視新聞など中国メディアが、「香港独立」を訴えるポスターを引き裂いた中国本土出身の女子大生に注目している。写真は香港。

写真拡大

2017年9月8日、央視新聞など中国メディアが、「香港独立」を訴えるポスターを引き裂いた中国本土出身の女子大生に注目している。

央視新聞によると、香港中文大学で入学式が行われた4日、キャンパス内には香港独立を主張するポスターや横断幕が多数貼り出された。すぐに撤去されたものの、翌日再び出現。これを中国本土出身の女子学生が破り捨てたところ、独立を支持する学生らに取り囲まれたが、女子学生は「(ポスターを)貼るのが民主なら、引き裂くのも民主」と冷静に答えたという。

また、環球時報は女子学生が「香港は中国の一部というのは常識。白昼堂々、こういった違法な物が貼られているのは良くないと思った」と語ったと伝えている。(翻訳・編集/野谷)