デル・アリ【写真:Getty Images】

写真拡大

 FIFAは8日、トッテナムに所属するイングランド代表MFデル・アリの調査を開始したことを発表した。

 アリは今月4日に行われたロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選のスロバキア戦に出場。試合終盤、中指を立てている様子がテレビにも映っており、騒動になっている。

 その後、アリは自身の行為がチームメートにのカイル・ウォーカーに対するジョークだったと説明した。ガレス・サウスゲート監督も「見てはいないが知っている。彼らの間には特殊なコミュニケーションがあるようだ」と話している。

 ただし、FIFAはアリの行為について甘く見るつもりはないようで、「規律上の審理が開始したことを認める」とした。

 W杯欧州予選はあと2試合。グループFで首位のイングランドは、2位と勝ち点5差をつけており、本大会出場まであと少しだ。

text by 編集部