ガラタサライが獲得に関心を示すアルダ・トゥラン

写真拡大

アルダ・トゥランはアトレティコ・マドリードと契約をする前、2005年から2011年にかけてガラタサライでプレーしていた。 
そして7日の『RAC1』の報道によると、その古巣が彼の次の行き先となる可能性があるという。 

トルコの移籍市場は今週金曜日、9月8日に閉幕する。 
そしてバルサはガラタサライとアルダの2年間のローン移籍で合意に達している可能性があるようだ。 

アルダはバルサとの契約を3年残しているため、ローン移籍終了時にもまだバルサとの契約が1年残っている状態となる。 

クラブ・ブラウグラナは今夏中、アルダの移籍先を探していた。 
そして大半のヨーロッパの移籍市場が閉じた現在、トルコ市場は最も有力なオプションだった。 

アルダは7日、筋肉系の問題を理由にチームのトレーニングに参加しなかった。