ダウベール【写真:Getty Images】

写真拡大

 インテルのDF長友佑都は、10日に行われるセリエA第3節SPAL戦でベンチスタートとなる可能性が高まっている。伊紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が予想した。

 ルチアーノ・スパレッティ監督は今シーズン、セリエA開幕2試合で長友佑都を左サイドバックとして先発させていた。しかし、今回は夏の新戦力であるダウベールを起用する可能性が高いという。

 ダウベールは第2節のローマ戦で長友との交代でピッチに立ち、セリエAデビューを飾っていた。今回は長距離移動があった長友とのコンディションの差がメンバー選びに大きく影響しそうだが、定位置確保に燃えているはずだ。

text by 編集部