開幕から続いた昇格組との2連戦で、まさかの無得点での連敗スタートとなってしまったマインツ05。負傷のニコ・ブンガートに代わり、主将としてピッチ上で牽引するシュテファン・ベルは、「この2試合で勝ち点を得ることを目標としていた。でもそれができなかったよ」とコメント、しかし「確かにこれはいいことではないけど、でも次の試合で勝ち点を得ることだ。そのためには得点を決めていかないとね」と言葉を続けた。

だがこれから迎えるスケジュールはなかなかタフだ。まず週末にはバイヤー・レヴァークーゼン戦が控えており、それから王者バイエルン・ミュンヘン、そして昨季に飛躍を遂げたTSGホッフェンハイム戦へと続く。「でも今は、レヴァークーゼン戦のことにしか集中していないよ」とベル。「それにここのところは彼らに対していい戦いを見せているし、勝ち点を得られる可能性はあるさ。強敵だけど必要以上に自分を小さくみせるひつようはない」と意気込みをみせている。

その一方で今夏に移籍を模索するも、ハノーファーへの移籍が直前で破談となるなど、まだ新天地を見出せずにいるハイロがチーム練習へと復帰。しかしベルは特にこのことについては問題だとは考えておらず、「ハイロは何か問題になるようなことを言ったわけでも行ったわけでもない。契約最終年度になれば、こういうことは自然の流れだ」と擁護。「彼は僕たちチームの一員なんだ」との考えを強調した。

マインツの先発予想:アドラー - ドナティ, ベル, ディアロ, ブロシンスキ - グバミン, ラッツァ - エズトゥナリ, マキシム, クアイソン - 武藤嘉紀

レヴァークーゼンの先発予想:レノ - ター, S.ベンダー, ヘンリクス - メーメディ, コール, アランギス, ヴェンデウ - ベララビ, ブラント - フォランド