ザ・ナショナル、最新アルバム全編が披露されたライブ音源が公開

写真拡大

 USインディ・シーンの最高峰、ザ・ナショナルが、結成18年目を迎え完成させた最新アルバム『スリープ・ウェル・ビースト』の全編が披露されたフル・ライブ音源を公開した。

 ライブは、アルバム・リリースの3日前となる2017年9月5日に、米フィラデルフィアのユニオン・トランスファーで行われ、アンコールでは「Green Gloves」や「Apartment Story」が披露された。

 4年振り通算7枚目のスタジオ・アルバムとなる『スリープ・ウェル・ビースト』のプロデュースは、メンバーのアーロン・デスナーが担当し、同じくメンバーのブライス・デスナー、マット・バーニンガーも共同プロデューサーに名を連ねている。レコーディングは、米ニューヨーク州ハドソン・バレーにあるアーロン・デスナーのスタジオ<Long Pond>で行われ、ミックスには、ヨンシー、インターポールのプロデューサーとしても知られる長年のコラボレーター、ピーター・ケイティスが起用されている。ザ・ナショナルらしい高揚感に加え、実験性とポップさを兼ね備えた完成度の高い作品となっている。

 ボーナス・ディスク付2枚組仕様となる国内盤CDには、過去の名作から「Wasp Nest」、「Bloodbuzz Ohio」、「Brainy」、「Exile Vilify」、「Sea of Love」の5曲のライブ・バージョンが追加収録されており、歌詞対訳と解説書が封入されている。


◎First Listen Live: The National, 'Sleep Well Beast'
http://n.pr/2xfZQhd

◎リリース情報
『スリープ・ウェル・ビースト』
ザ・ナショナル
2017/9/8 RELEASE
2,700円(tax incl.)
※国内盤のみボーナス・ディスク付き2CD仕様、歌詞対訳、解説書封入