トマ・レマル【写真:Getty Images】

写真拡大

 アーセナルが今夏の獲得を狙っていたMFトマ・レマルは、1月にやってくるかもしれない。英紙『デイリー・スター』は、すでに合意に達していると伝えた。

 レマルに対する関心は、アーセン・ヴェンゲル監督が認めており、「1億ユーロ(約130億円)でオファーしたが、彼はモナコに残ることを選んだ」と語っていた。だが、これで終わりではないかもしれない。

 同メディアによると、アーセナルとモナコは1月にレマルを移籍させることで基本合意に達している。また、選手本人とも週給25万ポンド(約3500万円)の5年契約という話になっているそうだ。

 移籍市場の最終日にレマルがアーセナル移籍を断ったとされているが、同メディアによると、レマルがフランス代表招集を受けていたため時間が足りなかったことが真実だと同紙は指摘している。

 1月にビッグディールは決まっているのだろうか。

text by 編集部