オールインワンジェルを上手に使うポイントは「少しずつ」「重ねる」

写真拡大

夏にダメージを受けた肌をケアしたいけど、なかなか時間がとれなくて…という人は大勢。そんなときは1品で何役もこなしてくれる“オールインワンジェル”がお役立ち。「上手に使えば美容液級の効果が得られますよ」と美容家の瀬戸口めぐみさん。ぜひ、その使い方を教えてくださ〜い!

【画像を見る】オールインワンジェルケアその1 顔全体に塗ったあと、眉毛の下を軽く押さえる 

 

■ 【オールインワンジェル活用法】

1品だけでケアが完了して便利ではありますが、しっかり保湿したいこの時期は、少量ずつとって重ねるようにつけるのがおすすめ。肌への浸透率が高まります。また、塗ったあと湿らせたスポンジで風を送るようにパッティングすると、肌熱が取れてマッサージ効果も期待できます。まだ手の温度も高いため、スポンジ使いは思いのほか効果的。さらにメイクがギトつく人は、ジェルに化粧水を混ぜて使ってみて。化粧水の水分が肌への浸透を助け、内部が潤い表面に脂が浮きにくくなります。

●やってみよう!

少しずつ重ねよう!

オールインワンでも化粧水でも、ドバッととって一度にガーッと塗りつける人が多いのでは? 実は少量ずつとって重ねるほうが肌に浸透しやすいんです。重ねるようにつけて。

1.眉毛の下を軽く押さえる

塗ったあと、眉毛の下(皺眉筋という筋肉がある場所)を両指で軽く5秒ほど押さえ、持ち上げます。

2.こめかみをしっかりともむ

こめかみを手のひらのつけ根辺りでしっかりともみます。疲れてかたくなり、血行が悪くなった肌が回復!

●お助けアイテム

「アクアレーベル スペシャルジェルクリーム(オイルイン)」潤い+ハリがパワーアップ 90g オープン価格/資生堂。「ビオレ うるおいジェリー」1本4役  180ml オープン価格/花王

 

■ 【飲むだけでも効く! 体の中からレスキューケア】

外から塗るだけでなく、服用することで内側からケアできるのがこちら。L-システインという成分がビタミンC、Eと協力し、シミ、ソバカスの原因となるメラニンの生成を抑制します。また、肌の新陳代謝を高めてメラニンの排出をサポートすることで、色素沈着も緩和。できてしまった黒色メラニンの色を薄くするビタミンCも配合。

●お助けアイテム

トランシーノ ホワイトC(第3類医薬品)。 朝夕2回の服用ですむので、昼間の飲み忘れの心配がないのも◎。90錠 1,600円/第一三共ヘルスケア