「すごく残念な1日」…何とか調子を戻して、決勝ラウンドへ(撮影:米山聡明)

写真拡大

<日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯 2日目◇8日◇安比高原ゴルフクラブ(6,640ヤード・パー71)>
出場回数3回のうち2勝と、この大会に滅法強い鈴木愛。今大会でも2アンダー・暫定5位タイと好スタートを切ったが、2日目のこの日は3バーディ・5ボギーの“73”と失速。トータルイーブンパーの9位タイに順位を落とした。
美人プロの撮れたて写真が満載!「ライブフォト」
「今日は何も良くなかった。すごく残念な1日」と鈴木。理由は難しくなったピン位置でも、コースコンディションでもない。「ドライバーは曲がるし、パットも良くない。これでは勝負にならない感じ」。原因が自分にあるのは明白だった。16番、17番の連続バーディも「(パッティングが良くなりそうな)きっかけはないですね。たまたま入っただけです」と吐き捨てた。
「この調子ではトップは獲れない。人を気にしてる場合じゃない。まずは自分の調子を上げることに集中してやりたい」。まだまだ首位とは4打差。何とか調子を戻して決勝ラウンドを迎えたいところだ。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

日本女子ツアー史上最高額!鈴木愛が連覇狙う、今年の「日本女子プロ」は岩手で賞金総額2億円
一時は2位も…アン・シネは後半崩れ4打差発進 原因はブヨ!?
鈴木愛が“アメトーーク”に登場!本人は「寝ていたので見てません(笑)」
【辻にぃ見聞特別編】史上最高額をめぐる戦いは難度を高める“4つの要素”が全て詰まってる
女子プロたちの貴重なオフショットも♪「女子プロ写真館」