91歳のタイ女性、10年以上かけて学士号を取得 国王から卒業証書

写真拡大

【バンコク・AP通信】 タイに住む91歳の女性が、10年以上かけて大学の学位を取得し、国王から卒業証書を受け取った。

 公営テレビ局のタイPBSは、バンコクのすぐ外にある政府系のスコータイ・サムマティラット・オープン大学(Sukhothai Thammathirat Open University)で、キムラン・ジンナクル氏が人間・家族開発学の学士号を取得したと報じた。

「もし我々が勉強せず、読み書きをせず、知識を持たなければ、話すことも、意味をなすこともできないでしょう」と彼女は言った。

 卒業証書は、昨年王位に就いたマハ・ヴァジラルンコーン・ボドンドラデバヤバランクン王によって彼女に渡された。 タイの公立大学の卒業証書は王室のメンバーによって渡されるのが伝統である。

「国王がこのような差別のない慈悲を示して下さったことを、私は嬉しく、誇りに思います」キムラン氏は、タイの王室を最大限に尊重することを意図したフレーズを使用して言った。

 キムラン氏は卒業式に出席するために、バンコクの北725キロ(450マイル)にあるパヤオ州の自宅から家族とともにやって来た。

「母は年のために疲れていることもありました」キムラン氏の息子であるモンコール・ジナクル(Mongkol Jinakul)はタイPBSに話した。「しかし、ぼくたち子供は彼女を応援し、母は勉強を続けて学士号をとることができました」

 スコータイタマティラー トオープン大学には高齢者を対象としたコースがあり、今年は年齢が60歳以上の学生が199人在籍していた。 同大学はパートタイム学習や遠隔学習を提供している。

Translated by Yoppo