まさに驚異的な技術である。1滴の血液から何と、13種類のがんの有無が同時に診断できる検査法を、国立がん研究センターなどの医療チームが開発したのだ。
 この検査法は、がんが分泌する微小な物質を検出する方法で、「腫瘍マーカー」を使う現在の血液検査と比べ発見率が極めて高く、ごく初期のがんも見つけられるというのが特長だという。その13種類は、胃がん、食道がん、肺がん、肝臓がん、胆道がん、膵臓がん、大腸がん、卵巣がん、前立腺がん、膀胱がん、乳がん、肉腫、神経膠腫だ。
 同チームは今後、がん患者らを対象とした臨床研究を進め、数年以内に国の承認を得る方針だといい、センターの落谷孝広・分子細胞治療研究分野長は「患者の体への負担が少ない比較的安価な検査になる。早期発見できれば、より効果的な治療ができ、医療費削減にもつながる」と話している。気になるその検査費用は、2万円程度になる見込みだ。

 日本人の2人に1人がかかり、3人に1人が死亡するというがんは、早く発見すればするほど、その後の生存率が高くなることは周知の通り。胃がんの場合、ステージIで発見できれば5年相対生存率は97.8%。IIになると66.7%、IIIでは半分以下の49.1%にまで落ち込んでしまう。今回開発された方法は、検査という壁を低くし、早期発見により死亡率を劇的に減らす可能性を秘めているのだ。
 「従来からの腫瘍マーカー検査は、主にがん細胞が死ぬ時に出るタンパク質を検出するもので、ある程度がんが進行しないと発見が難しいのです。しかも、正確性にも問題がある。ところが、次世代型とも言えるこの検査法は、初期のがんでも分かるため、その後の治療方法の選択肢も格段に広がる。もし実用化されれば、もはやがんは死の病ではなくなりますよ」(都内大学病院内科医)

 山梨大学医学部名誉教授の田村康二氏も、こう驚きを隠せない。
 「そもそも、がんの発生原因もいまだ不明なんです。それなのに、1滴の血液で13種類のがんが分かるなんて夢物語じゃないですか。もし本当だったら、私だって診て欲しい。ただし、この手の話は、まず学会で正式に認められてからですね」

 開発したチームは、がんが血中に分泌する「マイクロRNA」と呼ばれる物質に着目した。国立がん研究センターや国立長寿医療研究センターなどに冷凍保存されていた約4万3000人の血液を使い、前述の13種類のがんに特徴的なマイクロRNAを調べたところ、それぞれのがんに2〜10種類の特有のマイクロRNAがあることが判明した。
 「この分泌量の変化を調べることで、どのがんも95%程度の確率で発見できたという。たとえば人工知能を分泌量の分析に利用すれば、精度をさらに高められる可能性もあります」(医療関係者)

 調査で使用された長期間保存の血液は、マイクロRNAが変質している恐れもある。そのため今後、新たにがんと診断された3000人以上の新鮮な血液を採取し、有効かどうかを調べる臨床研究を進めるという。
 「チームは、まず乳がんの検査法としての承認を目指したいとしている。検査によって、がんの有無、さらには“どのがんを患っているのか”までがほぼ確実に診断できるようになれば、患者への負担は相当減る」(医療関係者)

 がんの場合、自覚症状がなくても病気が進行しているケースは稀ではない。発見できたはいいものの、診断した医師に「もっと早い段階で来てほしかった」と言われ、ショックを受ける患者も多い。かと言って、一般的な健康診断レベルでさえ、発見するためには大腸がんなら便潜血検査、乳がんならマンモグラフィーなど、部位ごとの検査が必要となり、手間も時間もかかるのが現状だ。
 「そのため、がん検診ともなれば受診する人の割合は3割程度と低いまま。もちろん、その検診も、がんの種類ごとに受けなくてはならず、自費で受けるとかなりの額になる。結果、治療も後手に回ってしまうのです。そのため、もっと手軽に、できれば1度に複数のがん検診ができる技術が求められていたのです」(医療関係者)

 ただし、いざがんと診断された場合、治療についてはまだまだ進歩が求められているのも事実。
 内科医で関東医療クリニック院長の松本光正氏も、現状に対してこうした厳しい見方を示す。
 「確かに今回の開発は、科学の進歩でしょう。がん恐怖症の人には朗報ですが、では、見つかった後、治療法があるのでしょうか? がんの治療法はいまだ皆無の状態。診断技術は進歩しましたが、治療がないわけです」

 加えて、世田谷井上病院の井上毅一理事長はこう言う。
 「がんセンターの検査法に確実さがあるかどうかが問題です。部位にもよるが、がんであるかどうかは触診で分かる。いまはまず、医者としての能力も求められている。それに、がんセンターのような大きな病院はともかく、最初はどこでもやれるわけではない。おそらく実用化するには5年はかかるでしょうね」

 いずれにせよ、がん治療法の進歩とともに、新たな段階に入りそうな早期発見の診断法に期待したい。