自由民主党HPより

写真拡大

 相次ぐ北朝鮮のミサイル発射実験と核実験を受け、安倍政権は「撃たれる前に北朝鮮を潰せ」と言わんばかりの好戦的世論を扇動している。とくにここ最近、凄まじく鼻息を荒くしているのが、「安全保障の専門家」を自称する"ネトウヨの尊師(グル)"こと自民党の青山繁晴参院議員だろう。

 核実験から一夜明けた4日朝、DHCのネトウヨ番組『真相深入り!虎ノ門ニュース』に出演した青山センセイはこう言い放った。

「極端な話、今日は週の始まりの月曜日ですよね。今週(に戦争が)あってもおかしくないです」
「なにが今週あっても(不思議ではない)。本当は今日(戦争が始まる)って言いたいぐらいですけどね。そういう状況なんですよ」

 ようは、週内あるいは今この瞬間にも「戦争」が始まると断言したのである。さらに青山センセイは、いつもにまして興奮気味で身振り手振りを交えながら、こんな軍事シミュレーション(?)をまくし立てていた。

「本当の本当のことを言えば、金正恩委員長をはじめ、金一族が地上に出てきているときに(アメリカは軍事作戦を)やりたいんですよ。もっと言うと......これはさすがに僕はないと思いますよ、というかアイ・ホープ・ソウです、ないと願いたいですけど、9月9日、北朝鮮の記念日、ひょっとしたら出てくるんだったら、そのときも(米軍の攻撃が)ゼロとは言えないんですよ。で、金一族の暗殺だけっていう限定攻撃もないので全部込みでやるんですよ。斬首作戦込みで(飽和攻撃を仕掛ける)」
「過去のような時代と違って、昨日の北朝鮮は電磁パルス攻撃については宣戦布告したのと同じです。宣戦布告されてんのにアメリカ軍が黙ってるんですか? これ防ぐにはですね、とにかく核関連施設だろうが指揮命令系統であろうが、それから間違って電磁パルス攻撃があった後の歩兵の展開なども含めて、ぜっんっぶ!を叩きつぶさないといけない!」

 ようするに青山センセイの頭のなかでは、すでに北朝鮮はアメリカに「宣戦布告」をしていて、トランプ大統領が金正恩抹殺作戦を実行すると同時に大規模な破壊攻撃に出るのは秒読み段階、ということになっているらしいのだ。

 だが、はたして青山センセイは本気でそんなことを思っているのだろうか?  そもそも、トランプ大統領自身が軍事行動について「もちろんそれは第1の選択肢ではない」と語っているし、国連の追加制裁決議もまだ決定しておらず、だいたい大規模軍事攻撃が秒読みだとしたらすでに在韓米国人のほとんどを避難させているはずだろう。

 ところが、そんなことはお構いなしの青山センセイは、番組内で「東京都心が核兵器の標的になる」とまで明言。何度も人差し指で足元を指差し「ここが狙われる!」と叫びまくったのである。

「大量破壊兵器の大量破壊っていう意味は、マース・ディストラクションっていうのは、マース・ミディアのマスなんですよ。大衆を殺害すると。戦わざる人々をドロドロに溶かして殺すと。赤ちゃんから高齢者まで。そのためには人口密集地に決まってるんですよ! これは、決まりに決まりに決まってるんですよ! だからここ(東京都心)なんです! しかもここなんですよ! 『虎ノ門ニュース』(のスタジオがある港区虎ノ門)なんです! ジョークじゃないんだ。坂上がったら国会ですよ? 坂上がったら国会の横に総理官邸ですよ、ね? 防衛省の市ケ谷もすぐそこですよね。だからこの界隈なんですよ。ここでいつ(避難)訓練やったんですか!?」

 ほとんどパニック状態のような口ぶりだが、ちょっと待ってほしい。週内にも米軍が大規模軍事行動に出て、北朝鮮の報復攻撃によって虎ノ門を爆心地として東京が核の炎に包まれるとか、さすがに青山センセイ、自分でもそんなこと信じてないはずだ。

 そう思えてならないのは、ふと、青山センセイのブログを読んでしまったからである。

 北朝鮮による核実験後の9月3日20時、青山センセイは「運命の秋」なるタイトルで、〈北朝鮮の核実験は、すでに想定されていました。もちろん問題が小さいという意味ではありませぬ。死への道のりです〉と書き出す投稿をしていたのだが、そんな「文豪」(笑)的な文章の最後は、こんなふうに締められていた。

〈これも前に記したように、サイン会を開きます。情報を簡潔にだけ下掲します。
 9月30日土曜16時から、ブックファースト阪急西宮ガーデンズ店・特設会場で開きます。〉

 ......って、え? こんなときに青山センセイ、「サイン会」の告知ですか!?

 念のため確認するが、この人、明日にも戦争がはじまって東京が壊滅するとか、身振り手振りで力説していたのだ。なのに、自分はちゃっかり月末のサイン会のPRをしているって、コレ、いったいどういうことなのだろう。

 いや、別に本サイトは、青山センセイがサイン会をすること自体をあれこれ言いたいわけではない。もちろん、このタカ派政治家が公務以外の時間に"ビジネス"に精を出していたとしても、それは勝手にすればいいことだ。

 たぶん、青山センセイは、駆けつけた信者もといファンに「明日、戦争が始まるよ」「これまでにない危機だよ」とかなんとか言いながら、ニコニコ顔でサインをするのだろう。あまつさえ、がっしり握手をしたりもするのだろう。ちなみに、このサイン会は青山センセイの新刊発売記念イベントなのだが、扶桑社新書から出たその本のタイトルは『危機にこそぼくらは甦る』。

 もはやギャグか何かかとしか思えない。

 まあ、それはともかくとしても、だ。ようするに青山センセイは、少なくとも、ご自身のサイン会の告知にぬかりないほどには"冷静"ということらしい。ちなみに、青山センセイは4日の『虎ノ門ニュース』収録後も、スタジオ前のファンが持参した『危機にこそぼくらは蘇る』にサインしてあげたらしいが、いやはや、やっぱり本気で「今日にも攻撃がある」なんて思っていないんだろう。

 まあ、青山センセイは昔から"産まれてすぐタライのなかで立った"とか、"中国に行ったら二日目の夜から中国語を話せるようになった"とか、"外国の工作機関の標的にされてウイルスで原稿が2回破壊された"とか、その種のにわかに信じがたい話を連発しているので、「例のクセがまた出た」ということなのかもしれない。だが問題なのは、「安全保障の専門家」を自称するこの人が、もしかしたら防衛や軍事に関する基礎的な知識すらもっていないのではないか、という疑念が拭えないことである。

 青山センセイが出演した9月2日放送の『みのもんたのよるバズ!』(AbemaTV)でのこと。この日は8月29日の北朝鮮のミサイル発射やJアラートが話題になったのだが、スタジオトークで、MCのみのもんたがこんな疑問を呈した。

「これ、(日本は)待ってるだけじゃなくてさ、(北朝鮮が)撃ちそうなところをドッカンと、そういうことはできないの?」

 すると、青山センセイは大きく口を開けて笑い、みのを絶賛しながら、嬉しそうにこう語ったのである。

「みのさんの口からそれが出るようになったってこと自体が、日本は前進してますよ。そういうのを『敵基地攻撃能力』っていうんですけど」

 しかし、同じく出演者の「コリアレポート」編集長・辺真一氏もすぐに「みのさんが言っているのは先制攻撃」とつっこんでいたように、みのの発言に青山センセイが大喝采したケースは、明らかに専守防衛の範囲を超えた違憲の「先制攻撃」にあたる。

 そもそも、いま安倍政権も検討している敵基地攻撃能力の議論は、朝鮮戦争から6年後の1956年に、当時の鳩山一郎首相が「誘導弾等による攻撃を防御するのに、他に手段がないと認められる限り、誘導弾等の基地をたたくことは、法理的には自衛の範囲に含まれ、可能であるというべき」との政府見解を出したことに始まるが、ミサイルを撃つ前の基地や拠点を「危なそうだから」という理由で破壊すれば、これは「先制攻撃」であり明確な違憲かつ国際法違反だ。事実、2015年7月28日の参院特別委で、当時の岸田文雄外相も「他国から武力攻撃を受けていない段階で自ら武力の行使を行えば、これは国際法上は先制攻撃に当たる」と答弁している。

 ちなみに、敵基地攻撃能力は法理上可能であったとしても、実際には「自衛権」の範囲とするために、発射直後(上昇中)のミサイル破壊を目指すことになるが、現実的には、これは高度な偵察や情報収集技術、あるいは妨害電波などを駆使して初めて可能な行動であり、また、すべてのミサイルをその瞬間に破壊することは不可能であることから、「敵基地攻撃能力は抑止力になる」との論は破綻しているということも付言しておきたい。

 そのうえで、明確に違憲の先制攻撃を敵基地攻撃能力と言って正当化する青山センセイの話に戻すが、だいたい、現況で自衛隊が北朝鮮のミサイル発射基地を攻撃したら、それこそ報復攻撃(自衛攻撃)の"正当性"を与えるだけであり、別拠点からのミサイルによって甚大な被害を被る恐れがある。そんなことは小学生だってわかることだろう。それとも、青山センセイは、敵基地攻撃能力を保持することによって、一瞬かつ完全な武力の無効化が可能だとも思っているのだろうか。それは特撮ヒーローとかロボットアニメとかの話であり、もはや「脳みそがお花畑」としか言いようがない。

 まったく、これで「安全保障の専門家」を名乗り、「運命のときを迎えるんですよ」(4日『虎ノ門ニュース』)などとドヤ顔で言っているのだから、かなり恥ずかしいが、さらに恐ろしいのは、むちゃくちゃな煽り方をして「敵基地攻撃能力を保持せよ」などといきり立っているのが、決して青山センセイだけではないことだ。実際、安倍首相はミサイル発射で「これまでにない深刻かつ重大な脅威」と表現して"北朝鮮危機"を最大限に煽っているし、現実に小野寺五典防衛相は敵基地攻撃能力の保有を検討する方針を明らかにしている。

 そうしたことを考えても、「今日にも戦争が始まる」「北朝鮮は事実上の宣戦布告をした」「東京都心に核が落とされる」みたいな煽り文句は、単にこれまで数々の"伝説的語録"を残してきた青山センセイによる"フカシ"として笑い飛ばすのではなく、自民党や安倍政権がどれだけ"危機"を煽り、それを政治利用したいかのひとつのバロメーターとしてみるべきだろう。

 わたしたちは、安倍政権や青山氏がやるような見え透いた扇動に騙されず、平和的解決のための対話を日本政府に要求し続けるべきだ。
(宮島みつや)