ぎゃーーまた失敗したーーー!!!

焼きすぎて丸焦げになってしまったり、皮がこんがり焼けなかったり。家で餃子を食べたくても、意外とお店のように綺麗に焼けないもの。

いつでもパリッとジューシーな餃子が食べたい…。そんな時、『あの人』の神レシピが舞い込んできたのです。

さすがです!土井先生の『餃子の焼きかた』

やっぱり土井先生は裏切らない。一生ついていきます!この焼きかた、早く知りたかった…!

など、ネットで話題になっているのが、料理研究家である土井善晴先生の『餃子の焼きかた』なるもの。

とにかく、皮がパリッと焼けると評判です。これは早速試さなくては!

まず、火をつける前のフライパンに軽く油をひいて、餃子を並べます。今回は、手軽な冷凍餃子を使いました。

『火をつける前』というのは、いままで気付かなかった…。

そこに熱湯を適量加えます。今回は1/2カップほどの量を入れました。『常温の水』ではなくて『熱湯』というのも、目からうろこ!

強めの火にかけてフタをし、4〜5分蒸し焼きにします。焦げないように火力と焼き時間は様子を見てください。

フタをとって、水分を飛ばします。次第に「バチバチバチ」と音が鳴ってきました!

仕上げに、お好みで鍋肌に沿ってごま油を一周かけると、香ばしい焼き上がりに。これで完成です!

キッチン中に食欲をそそるいい香りが…。早く食べたい!

ジャーーーーーーン!!!!

フライパンに皮がくっついて破れることもなく、丸焦げになることもなく、きれいに焼きあがりました!

箸で持ち上げると、これまで家で作った餃子では感じられなかったパリッと感!

中までしっかり火が入り、ふっくらジューシー。最初の『蒸し焼き』という工程がポイントなのかもしれませんね。

餃子の焼きかたでお悩みのかた、一度お試しあれ!

[文・構成/grape編集部]